【血液型星座】豊田真由子×小池百合子×蓮舫

最近何かと話題の豊田真由子代議士。A型の天秤座。

来る7/2に運命の都議会議員選挙の投開票を迎える小池百合子都知事はA型の蟹座。

そして、野党第一党の女性代表として、その一挙手一投足が毎日ニュースにならない日はない蓮舫代表は、A型の射手座。

奇しくも3人ともがA型。

天秤座は派手好きの風の星座。

蟹座は冷静沈着だが目立つことを好まない地味な水の星座。

射手座は情熱的な火の星座。火の星座の中でもかなり情熱的な方。

3者3様ですが、政治の要職に女性が増えてきたのは歓迎すべき動きではありながら、あまりいいクローズアップのされ方がされていない風に見えるのは私だけではないと思います。

確かに豊田真由子代議士の暴言の音源の負のインパクトは大きかった。

メディアでもこぞって関連記事が上がっています。

 

「怒りながら叫ぶ女」はどうして嫌われるのか

麻生副首相、豊田真由子氏を「あれ女性ですよ」。識者は「ありえない性差別」と批判

【豊田真由子議員の暴言】東大の先輩著名人は「超じゃない、準エリートぐらい」と指摘 高木美保氏らも持論

 

女性の中の女性の敵

一番上の東洋経済の記事などは少し性差別的な被害妄想記事に見えます。

怒りながら叫んでいたら普通男とか女とか関係なしに嫌われると思いませんか?

そして案の定、記事中では、お馴染みのガラスの天井がどうのこうのと言っています。

仮にガラスの天井があるのなら、サッチャーはなぜ首相になれたのか。

政治家は男女関係なく、公衆の面前で感情を露わにしてはいけないのです。

そもそもジェンダー後進国と言われる日本ですら、東京都知事も、野党第一党代表も、防衛大臣も女性政治家です。

要は実力と人望と求心力のある人ならば男だろうと女だろうと関係なく、政治の要職に就けるし、企業の幹部にでもなれる時代になってきました。

まるでクリントンは女性だから、大統領になれなかったなどと言う性差別主義者は逆にその存在が社会潜在的なミソロジーを喚起し、女性の社会進出にブレーキをかける社会悪とすら言えるでしょう。

換言するならば、「女性の中にいる女性の敵」です。

 

高齢の男性政治家の間に根強く残る女性蔑視

一方で、bussfeedの記事などで取り上げられている麻生太郎の性差別発現も同じくらい悪だと思います。

奇しくも麻生太郎もA型。ちなみに乙女座。麻生太郎とドナルド・トランプの相性について

「あれ女性ですよ」なんて時代錯誤な性差別的表現なのか。そして日本の多くの高齢男性はこの麻生太郎氏の発言に心の中で少なからず快哉を叫んでいたであろう事も考え合わせると、日本のジェンダー差別が根深く、上に書いた東洋経済の記者が(愚かな記者だとは思うが)あんな記事を書きたくなる気持ちもわかろうというものです。

繰り返しになりますが、男でも女でも、すぐ感情的になって暴言を吐くような人物は社会的要職には不釣り合いです。

また、男だから感情的にふるまっていいだとか、女だからおしとやかにしなくてはいけないなんていう社会規範や不文律もありませんし、もしそんなものが通用しているコミュニティがあるのなら、その発信源を突き止め、社会的な制裁を加えなければならないとまで思います。

要は性差は関係がないという事です。

男だから、とか女だから、とか言う、男女二元論を展開する人は総じて頭が悪い。

右か左か、白か黒か、男か女か、若者か高齢者か、という二元論的相互ヘイトスピーチをそろそろやめて欲しい。

なんら生産的でないし。

男か女か、のような二元論を展開し始めた途端、その議論はただのくだらない水掛け論に堕します。

すぐにその議論の輪からエスケイプする事をオススメします。

 

それを踏まえて豊田真由子はどうだったか。

上記の女側から及び男側からのそれぞれの異性バッシングというバイアスを除いて、飽くまで豊田真由子という個人を性別と言う属性抜きで評価して、今回の事件をどう考えるか。

この豊田真由子って人はかなりすごいキャリアの持ち主。

お嬢様学校として名高い、桜陰中学校と高校を卒業後、東大法学部入学。そして国費留学生として、ハーバード大学の大学院にまで進学している。厚生省に入省しているのですから、もちろん国家試験もパスしているわけです。

絵に描いたような超エリートと考えられます。

それがそのキャリアに不釣り合いな暴言を吐いたため、今般このように炎上しているわけです。

音源も聞きましたが、確かに静かな自宅で突然聞くと、そのクレイジーな感じは伝わってきます。

しかし多少同情的なのは、ここに前後の文脈は何もわからないという事。

ハゲと言われた男性がどんな言動をしていたのか、そして今までどんな仕事ぶりだったのか、それは知りようがない。

ただ「ハゲー!」と言ったシーンだけが切り取られたら、誰だってそこに狂気は感じるだろうとは思います。

だのに、その断片的な狂気だけを切り取って、彼女を、代議士にふさわしくないとか、病気だとか、人格が大いに欠損している、とか判断するのは、それこそ感情的ではないでしょうか。

彼女を批判している人は、そのあまねく繰り返してきた、自身の人間関係において、喧嘩をしたことない人いますか?対人的に声を荒げたことが一度もない人はいますか?

 

もちろん、彼女は自分が人一倍努力家であり、かつ、能力も高かったので、周りが全員バカに見えて、自分にも周囲の人間にも厳しかったのではないかと推察されます。

秘書の離職率も高かったそうです。

しかしそれは政治家として、高みを目指していたからだという見方もでき、この暴言だけを切り取って、即座に政治能力なし、と断じる事はできるのでしょうか。

それにこの「ハゲ」氏は、この暴言をかなり鮮明に録音していたわけですが、これは日常的に行われる暴言を録ってマスコミにでも売って豊田真由子を失脚させてやろうとしていた事は明らかです。

しかしそんなに厭なら秘書を辞めれば良くないですか?あるいは正々堂々、暴言をやめてください、とはっきり言えば良かった。それで攻撃されるならよほど辞めるべきだとも言えますし。

それはせずに、録音して、意趣返しするという行為自体が、この「ハゲ」氏のキャラクターを厭が応にも、あぶりだしているように思える。

録音などという迂遠な方法は取らずに、国政の少しでも助けになるように努力する姿勢を見せていたら、豊田真由子氏はここまで怪気炎を露わにしたのでしょうか。

 

まとめ

やたら、豊田真由子氏を擁護するような発言になりましたが、それでもあの暴言自体はいけないというのは論を待たないところです。

施政者の立場で、感情的になるという行為自体が、政治家としての適性を欠く、とは私も思います。

しかしそれを「性差別」だと言ったり、音声の断片だけを切り取って、「国政の場から退場させろ」というような世論が私はとんでもなく気持ち悪い。

それこそ感情的な集団のいじめ心理そのものではないでしょうか。

翻って言えば、そんなすぐに感情をあらわにする国民の代議士だからこそ、国会議員もかように感情的なのではないでしょうか。

政治家を貶めたり、性差別をしたりする輩はその言動のことごとくすべてが、ブーメランになっている、つまりどっちもどっちになっているという事をお忘れなきようお願いします。

【血液型星座】豊田真由子×小池百合子×蓮舫” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ゆき より:

    A型天秤座♎️ 頭いいタイプが多いが、一度切れたら、歯止めが効かない.
    小池氏にしても、排除 という言葉からマイナス
    の感情が国民に悪影響 言葉を大事にする日本人
    に受け入れられない事が希望党の失速 二兎追うもの一兎追えず.都政の仕事も問題が山積みになっいたのに.頭の切れ過ぎだ故の落とし穴?

    1. tamojun51 より:

      希望の党も小池代表がもう少し上手く戦ってくれたら、あるいは野党第一党になれていたかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です