【三菱UFJFG】2017.3月期決算

三菱UFJFG。最近社名から、「東京」が抜け少しスリムに。

三菱が先だか東京が先だかいつも迷わされていたので、これはちょうどいい。

ただ入力する際に、「UFJ」っていうのも面倒なので、もう「三菱FG」にしてもらえないものだろうか。

ほとんどの消費者はそう希望していると思うのだが。

総資産303兆円。純資産16兆円。押しも押されもせぬ、国内最大の民間金融グループ。

銀行・信託・証券・カード・リース等々。

アメリカやアジアなどの海外にも進出中。

マイナス金利の影響などもあり、国内資金利益は停滞中。

ただ、法人向けソリューション事業や海外事業は収益拡大中。

モルガンスタンレーも貢献。

以下決算資料より。単位は全て百万円。

 

経営成績

経営成績 経常収益 経常利益 比率
2017.3 5,979,568 1,360,767 22.8%
2016.3 5,714,419 1,539,486 26.9%

 

銀行では売上高の事を経常収益、営業利益の事を経常利益と呼称しているようです。

対前期比、経常収益は+265,149、経常利益は△178,719。

増収したのになぜ、減益しているのか。

財務数値 前期 比率 当期 比率
経常収益 5,714,419 5,979,568
 1.資金運用収益 2,769,248 48.5% 2,888,134 48.3%
   貸出金利息 1,812,133 31.7% 1,862,089 31.1%
   有価証券利息配当金 628,882 11.0% 675,434 11.3%
   その他 328,231 5.7% 350,611 5.9%
 2.役務取引収益 1,536,719 26.9% 1,531,974 25.6%
 3.その他 1,408,452 24.6% 1,559,460 26.1%

 

経常収益の増収の内訳をみると、1.資金運用収益が+118,886。前期と比較すると海外の預貸金など堅調推移。

手数料も堅調。

経常費用 4,174,932 4,618,801
 1.資金調達費用 655,735 15.7% 863,677 18.7%
  預金利息 272,909 6.5% 296,574 6.4%
  社債利息 142,728 3.4% 171,514 3.7%
  その他 240,098 5.8% 395,589 8.6%
 2.役務取引等費用 216,165 5.2% 203,484 4.4%
 3.営業経費 2,602,450 62.3% 2,663,503 57.7%
 4.貸倒引当金繰入 132,691 3.2% 30,342 0.7%
 5.その他 567,891 13.6% 857,795 18.6%

 

上記した通り経常収益は全体的に堅調に推移したが、経常費用は対前期比、+443,869増加。

主な原因が、1.資金調達費用の+207,942の増加が大きい。

預金利息、社債利息共に増加。当社は、超低金利の影響などにより、法人やリテールが預金を引き揚げてしまう影響で、資金調達費用がかさんでいるのでしょうか。

しかし、預金が1,000兆円超えというようなニュースも聞こえてくるカネ余り時代になぜ資金調達に苦労するのか、そこのカラクリがさっぱり分かりません。

いずれにせよ、海外の預貸金・手数料収入が堅調に推移したはいいものの、+265,149

資金調達をはじめとした経常費用がかさみ△443,969、

対前期比で経常利益は△178,719になってしまったようです。

 

セグメント情報

セグメント情報 粗利益 経費 営業純益
リテール事業 1,198,285 972,999 225,286
法人事業 1,041,648 598,434 443,214
国際事業 1,303,663 821,205 482,458
受託財産事業 173,116 112,204 60,912
市場事業 582,011 212,899 369,112
その他 △ 9,082 155,116 △ 164,198

 

セグメント情報。収益、利益共に、3大柱は

・リテール事業 粗利益構成比27.9% 営業純益率18.8%

・法人事業   粗利益構成比24.2% 営業純益率42.5%

・国際事業   粗利益構成比30.3% 営業純益率37.0%

銀行というとリテール営業のイメージが湧きやすい。それだけあって、粗利益の構成比は27.9%と高い。

しかし現状、一番粗利上の構成比率が大きいのは、国際事業30.3%である。

海外事業にエース級人材などリソースをふんだんに使っているのだから、当然と言えば当然なのかもしれない。

営業純益率が一番高いのは法人事業。国際事業もエリートという感じではあるが、法人営業も優秀な人的リソースには事欠かないのでしょうから、利益率42.5%は大きい。

しかしセグメント情報が、他の事業会社とは違い、売上ではなく粗利を一番前に出しているので、分かりにくい。

経常収益と粗利の関係はどうなっているのか。損益計算書からも大変に分かりづらい。

決算資料については銀行という事業体はとても投資家フレンドリーとは言えない。

 

キャッシュフロー&各指標

CF 営業活動 投資活動 財務活動
2017.3 7,013,064 8,907,549 △ 670,592
2016.3 6,754,428 2,240,209 △ 105,602

 

営業CF。経常減益だったのに、+258,636

主な内訳は以下の通り。

・利益△195,541

・貸出金の純増減+9,055,893

・預金の純増減+2,538,772

・借用金の純増減+5,914,193

・信託勘定借の純増減△13,514,888

等々。単純ではなかった。

投資CFは+6,667,340の大幅アップ。

対前期での要因は有価証券の売却益など。

各指標
PER 10.6倍 EPS 68.00
PBR 0.63倍 BPS 1,137.78
利回り 2.50% 予想配当 18円

 

PER10.6倍。PBR0.63倍。いずれも割安。

マイナス金利などの影響もあり、また守旧派の代表のような企業でもあることから、市場は基本的に飽和していると思われているし、かつ、スケールするような夢が描けない。

よって割安で放置。また、基本的には嫌われ者の銀行。

機関投資家もリテール投資家も、あまりいい印象を持っていないのではないでしょうか。

正直マイナス金利ざまあという市場からの溜飲を下げる声も聞こえてきそうです。私もその一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です