日本は「子供施設の騒音への特権付与法」を施行すべきである。

昨年は大分トピックスになりました。
子供の声が騒音になり、近隣住民に迷惑だから、住宅街の真ん中に保育園を作ってはいけないとか。

日本はなんと、狭量な人間が多いことか、と怒りを通り越して呆れました。

子供の声が騒音でイライラするって少し精神病んでませんか?
子供は本来うるさいもの。

私の住んでいるマンションの隣にでかい公園があり、昼間は子供たちが大声で遊んでいますが、私はそれに怒りを覚えた事は一切ありません。
(深夜に中高生くらいのクソガキが騒いでいるのは殺意を覚えますが)

子供が元気よく遊んでいる光景って活力とか生命力を感じませんか?
逆に子供が大人しくするように、無理やり、行儀よく不自然な統制をされているのを見る方が私は気持ち悪いです。

ドイツでは「子供施設の騒音への特権付与法」という法律が施行されていて、子供の声を騒音既定から外しているのだそうです。

本来未来の国家を背負って立つ人材を騒音呼ばわりして、スポイルしてしまう事の方が異常なんだと、日本はドイツに倣うべきであろう。

子供たちも深夜まで保育園で騒いでいるわけではない。昼間の間ですよ。
昼間、元気に遊ぶことが許されないって、この国どうなってるんです?

おそらく仕事もなく、家でブラブラしている高齢者あたりが保育園に非を唱えているのではないでしょうか?自分たちの時代さえよければいいという手前勝手な高齢者が増えた印象を強く持っています。

保育園はクレーマー対応がかなり負担になっているそうです。
このクレーマー対応に法律事務所などの専門機関を据えるだけで保育園の負担がかなり減ると出口さんと駒崎さんも言っていて、すぐにそういう仲裁機関を役所は設けるべきだと痛感しましたね。

駒崎さんは日本人が人に迷惑をかけることに対して、強迫観念的な同調圧力がありすぎると言ってますが、全くの同意。

新幹線や飛行機の中で泣く子供は乗せるべきではないとか言う論調がありましたが、本当にそんな事を言う人間は人として最低です。

子供は泣くのが仕事でしょう。体調が悪ければ、電車の中で戻してしまうこともある。おもらしだってする。
それに目くじら立てるってメンタリティは大いに社会性を欠損しています。
そんな狭量な人間は、今すぐ自らが精神病院を受診すべきだと強く思う。

社会的にマイノリティは攻撃にさらされやすいです。
つまりここまで子供たちが迫害される社会になってしまったのは、子供たちが少なくなったことと関係があります。

子供がマイノリティになり、攻撃される社会。
今、日本は本当の意味で老醜にさらされ、死に瀕している状態なのです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です