【サイゼリヤ】2016.8月期決算

ご存じ低価格イタリアンファミリーレストラン。究極のデフレの申し子。サイゼリヤ。

決算短信を見るまで知らなかったのですが、サイゼリヤは直営店舗のみという事です。

大戸屋やバーガーキングなどは積極的にフランチャイズ店舗を増やそうとしているという記事を読んだばかりなので意外でした。(フランチャイズの方が利益率がいい)

店舗純増は国内が+29。海外が+44。

199円デザートなどの価格破壊商品で話題。典型的なデフレ銘柄です。

サイゼリヤが流行っているようでは、日本のデフレ脱却はまだまだ先の事。

海外展開において、台湾やシンガポールはまずまず善戦していますが、中国でかなり苦戦。

市場の大きい中国で苦戦しているため、アジアでも苦戦が続いています。

創業者正垣泰彦会長が15,953株保有(30%超)

以下当社決算短信より。単位は全て百万円。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 比率
2016.8 144,961 9,006 6.2%
2015.8 139,277 7,511 5.4%
2017.8(予) 145,700 9,300 6.4%

 

売上は対前期比+5,684百万円。+4%の大増収に見える。

また営業利益は対前期+1,495百万円。+19.9%の大増益。

利益率も0.8ポイント改善。かなり調子良さそうに見えます。

8月決算で、まだ円安の影響がさほど出ていない事が奏功したのでしょうか。

財務数値 前期 比率 当期 比率
売上高 139,277 144,961
売上原価 52,058 37.4% 53,398 36.8%
販管費 79,707 57.2% 82,557 57.0%

 

原価率は36.8%、対前期比で0.6ポイント改善。

原価率の外食業界平均が25~32%と言われていますから、原価率は結構高めです。

あれほど販売価格が安いのだから、当然と言えば当然。と言うかもっと原価率が高いと思っていました。

優秀なバイヤーでもいるのでしょうか。

いずれにせよ、あれだけの低価格で、きちんと利益を出しているのはご立派。

ただ、日本人にそれだけデフレ感覚が染みついてしまっている証左とも言えるのですが。

地域セグメント売上 前期 当期 増減
日本 109,927 112,865 2,938
豪州 36 35 △ 1
アジア 29,313 32,060 2,747
合計 139,277 144,961 5,684

 

地域別売上セグメントを見ると、誰でも分かりますが、日本市場に大きく依存。

その構成比たるや、77.8%

海外は日本ほどデフレマインドが深刻ではないのかもしれません。

上記したように中国市場開拓では苦戦しているが、アジアを第二の市場として成長させるために現状闘いのさなか。

地域セグメント利益 前期 当期 増減
日本 4,717 6,613 1,896
豪州 332 129 △ 203
アジア 2,521 2,185 △ 336
合計 7,571 8,928 1,357

 

日本市場は順調に伸びていますが、豪州は△203百万円。

豪州で不可解なのは、売上よりも営業利益の方が大きい事。

これはセグメント間の内部売上高や振替高が4,001百万円除外している影響なのですが、外部売上よりも、利益の方が大きいというのは何とも不可解。

豪州の経営はどういうスキームになっているのか大変に気になります。売上より利益の方が大きくなる決算なんてあり得ません。

アジアは売上は+2,747百万円であったにも関わらず、利益は△336百万円。

中国市場で苦しんでいる様が数字から伝わってきます。

 

キャッシュフロー&各指標

CF 営業活動 投資活動 財務活動
2016.8 13,767 △ 4,787 △ 5,196
2015.8 11,943 △ 2,915 840

 

営業CFは対前期比+1,824百万円でご立派。

増益分がチャージされているのでしょう。財政状態に問題は全く見られない。

カネも順調に返済しているようです。

各指標
PER 23.28倍
EPS 143.50
PBR 2.19倍
BPS 1,522.22
利回り 0.54%

 

PERが23.28倍。これは割高。買えない。

PBRは2.19倍。これも割高。買おうとは思わない。

利回りも決して良くはない。

ネームヴァリュで期待値先行にしか見えません。

これから、飲食業界は人手不足によりコストプッシュで販売価格を高くせざるを得なくなってくるでしょう。

そんな時、低価格をウリにしていた当社がどうsurviveするのか。

私はあまり楽観できるとは思えません。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です