【オススメ漫画】スピリッツ3選20170607

毎週スピリッツを購読していますが、最近なかなか小学館が熱い!と思っています。

少年の頃は少年サンデーを購読して、毎週楽しみにしていました。

メジャーやガンバ!FlyHighとか。スポ根モノが面白かったですね。

ところが何でも今のサンデーの発行部数って32万部を切っているとか聞いて衝撃を受けました。

多分私が中学生とか高校生の正にサンデー世代だった頃はサンデーの発行部数が168万部くらいはありましたから、その時と比較すると△81%減少とか言う驚きの数字です。

紙の漫画全盛期は遠くなりにけりとは言えど、こうして衰退をまざまざと見せつけられると寂寞の念に堪えません。

と思っていたのですが、サンデーのこの常軌を逸した発行部数の減少はどうも、私には戦略的な匂いがするように思えてきました。

売れない紙雑誌から電子への移行をより明確に打ち出してきているのだろうと。

というのも、小学館が運営しているマンガアプリ「マンガワン」、私毎日読んでいますが、これオリジナルコンテンツが結構多い。

作家さんを発掘しているのでしょうが、中には「何で商業誌で描かせないんだろ?」というクオリティの漫画とかがあるので、驚きます。

これは、敢えてこうしてるんでしょうね。

編集機能とか多くの社内リソースを電子版に集中投下しているんだろうと思います。

完全に軸足を電子に変えつつある。

これは集英社や講談社よりも、電子版のコンテンツが充実している事からも明らか。

そう遠くない将来、今まで辛酸をなめていた、小学館が集英社や講談社を電子版で追い越す時があるんじゃないかと思っています。

とりあえず青年誌の「ビックコミックスピリッツ」には期待しています。

 

恋は雨上がりのように

美人JKの橘あきら17歳が、バイトしているファミレスの店長・近藤正巳45歳にゾッコンラヴになっていくというラヴコメ。

近藤正巳は冴えない40男を絵に描いたようなもんで、バツイチで子持ちですらある。

最近はあきらの気持ちに薄々気づき、近藤もあきらを意識するようになる。

バツイチ子持ちの40男とは言え、まだ枯れたわけではない。

美人JKとラヴアフェアしてみたいと思わないわけがないだろう。

45歳の冴えないおっさんと17歳の超美人モテモテクールJKは果たして恋愛関係になれるのか。

というところが私が面白がっているポイントです。

ちなみに、この主人公あきらがバイトするファミレスは川崎市の元住吉にあるという設定。

ブレーメン商店街とかオズ通り商店街とかあってオシャレな街ではあるが、あきらような美人JKには未だ出くわしたことはない。

でも東急線沿線は確かにオシャレな若い綺麗な女の子が多い印象はあります。

 

月曜日の友達

鬼才・阿部共実がまさかのスピリッツでカムバック。

昔チャンピオンでデヴューした阿部共実の作品「空が灰色だから」にはかなり衝撃を受けた。

牧歌的な、ノスタルジイを掻き立てる、なんの変哲もないティーンエイジャーたちが時々ドキリとするような人間の本質を突くような発言をしたりするオムニバスストーリー。

油断して読んでいると、突然、心を持っていかれる。

そして何より絵のセンスが抜群だと思う。

かわいらしい若い女子が描いていそうな絵だがどことなくコケティッシュ。

すごい色気を感じて戸惑う。

阿部共実の絵とレトリックのセンスに脱帽。これだからスピリッツは面白い。

 

スローモーションをもう一度

80年代文化大好きな大滝くんと薬師丸ちゃん、高校一年生の恋。

純愛過ぎてやきもきするが、そこがいい。

手と手が少し触れ合っただけで照れる十代のフレッシュさが尊い。

恋のライヴァルなどが登場したり、障害も起きたりして、なかなか二人の仲は進展しないのだが、大滝くんがゾッコンラヴでもあるし、また、薬師丸ちゃんも大滝くんしか見えなくなってきているので、どうか順調にゴールインして欲しいと切望している。

ちなみに大滝くんはイケメンで運動神経が良く、薬師丸ちゃん以外の女子にもよくモテる。

薬師丸ちゃんは薬師丸ちゃんで聖子ちゃんカットとか、明菜カットをしているが、元の素材がいいので、これまたモテる。

要は美男美女カップル。まあ美男美女でなければ、なかなか漫画としては厳しいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です