【漫画】キャプテンを読んでの論考

往年の名作野球漫画「キャプテン」を読んだ。

外野がフライを捕る時に、ボールから目を切って、飛び込んだり。
バッターが打席に向かう際、必ずと言っていい程、手に唾を吐きかけたり。

描写はかなり古く、プレイとして非現実的でもあり、暴力が是認されていたり、また非衛生的な描写も散見されるのだが、通底する「キャプテン」というテーマがとても示唆に富んでいるので、かなりオススメの漫画である。

 

谷口キャプテンとは

初代キャプテン谷口。

決して才能や体格に恵まれているわけではない。

相手チームを分析して、どういう練習が効果的か思案して、その練習メニューを一旦決めたら、それを愚直にやり続ける。

そこの徹底が異常なほど。
とにかく傷だらけ、怪我をして、疲労して、泥まみれになろうが、ただただ愚直に練習を繰り返し、いつの間にか、誰よりも上手くなってしまう。

すごいのは、キャプテン自らがその「努力に邁進し続ける」という姿勢を示すことで、チームメンバーの心を動かしてしまう事です。

谷口は「がんばろうよ」という掛け声こそかけるのですが、作中でその厳しい練習をそこまでメンバーに強制しているシーンはありません。

キャプテン自らが血と泥にまみれているのを見て、メンバーがいても立ってもいられなくなってしまうのです。

これは、管理職、経営者としても理想的な姿ではないかと読んでいて思いました。

唯一問題点を挙げるとするならば、まあ、谷口施政下では、ひと時も気の休まる時がない事くらいでしょうか。

トップがいつも粉骨砕身の努力を続けられては、下としてはおちおち休む事もできません。

 

 

丸井キャプテンとは

谷口を継いだ丸井は、谷口と比べると凡庸です。

新入生の近藤にすぐイラついて、感情を爆発させ、果たしてリーダーとして適切なのか、と思う場面も何度も出くわします。

しかし、谷口をリスペクトするという気持ちでは、誰にも負けない谷口。

とにかくナインに谷口イズムを浸透させる事に腐心し続けて、結果としては見事、墨谷二中を野球強豪校のままイガラシにバトンタッチするわけです。

そういう意味で言えば、キャプテン史上一番の常識人キャプテン。

卒業後も、なんやかやと野球部にタッチし続けて、イガラシキャプテンを鼓舞します。

人情味あふれる、親分肌。実力と統率力のバランスはキャプテン中随一と評価できる。

ただやっぱり他と比べると凡庸さが否めない。

 

イガラシキャプテンとは

なぜかひとりだけ、カタカナ表記の苗字。

しかし私が作中で一番好きなキャプテンです。

イガラシキャプテンを一言で表するならば、「実力至上主義」。

上手くて戦力になるなら学年などに関係なく使う。

自身もそうアピールして、レギュラーの座を勝ち取った経験があります。

その時は、在りし日の丸井を追い落としたわけですが。

それゆえ、イガラシは大変に野球が上手いのですが、こと、マネジメントとなるとどうかという議論がある。

というのも、自分の能力が高すぎるがゆえに、部下に任せる事ができない。

自分が難なくできるプレイを他の人間が出来ない事を理解できない。

能力の高いプレイヤーがマネージャーになったら陥りがちな状況ですね。

なので、イガラシはキャプテンには敢えてせず、ピッチャーとしてそのピッチング技術を磨いていった方がチームにとって有意義なのではなかったか、と今でも考えています。

プレイヤーとして有能な事が、必ずしも、マネージャーとして優秀であるという事ではない、という事は歴史が証明してきた通りです。

 

近藤キャプテンとは

最後のキャプテン。

どちらかと言うと、イガラシタイプか。

持って生まれた恵まれた体躯と、早い球を投げられる天賦。バッティングも元々いい。

センスが最初からあって、天狗になっていたタイプです。

キャプテンになってから、多少マネジメントもがんばろうとはしましたが、やはり生来生まれ持った性分は直らず、どう考えてもキャプテンには向いていない。

ただキャラが立っているからキャプテンになったとしか思えません。

ただまあ実力があるので、誰も邪慳にはできない。(本当はしているけど)

ただこういう自堕落なタイプのトップは自然とそうなるのでしょうか、ナンバー2がしっかりするんですよね。

曽根というナンバー2が近藤の足りない所を補おうと奮闘して、結局チームはまとまります。

そう言う意味では、イガラシよりも隙のある近藤の方が、キャプテンに向いているとも言えるのかもしれません。

 

まとめ

上記した4人のキャプテンとしての資質をそれぞれ個人的にランキングすると以下の通り。

1位 谷口

2位 丸井

3位 近藤

4位 イガラシ

やはり「キャプテン」の系譜を作った元祖キャプテン谷口は偉大なのかなと。

とにかくオススメな漫画です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です