利用者の多い駅なのにホームドアが遅々として進まないワケ

国土交通省によると、2015年度末、ホームドア設置済みの駅は665駅なんだそうです。
これを2020年度までには800駅にする事を目指しているそう。

しかし1日に10万人以上が利用する駅は全国に251駅あるそうなのですが、その内、ホームドア設置済みなのは77駅しかないのだと言う事です。

私はずっとこれに怒りを燃やしてきました。
なぜなら、盲導犬を連れた視覚障碍者などがホームドアがないために電車に轢かれて死亡するという事故が相次いでいるからです。

視覚障碍者に限らず、ホームドアがない事で人身事故は日常茶飯事になっています。
そのせいで電車が遅延したり、社会に大損失を加えているわけです。

これはJR東の怠慢以外の何物でもないと怪気炎を上げていたわけですね。

 

ホームドア設置に係るコスト

従来型のホームドアを設置しようとすると、大体コストが数億円~十数億円かかるのだそうです。

この従来型のホームドアは1セットがおよそ400㎏あるそうで。
老朽化している駅だともう設置工事だけではなく、そのホームドアを設置できるインフラから作り直さなければいけなくなるので、下手したら土木工事が必要になるケースがあるのだそうです。

土木工事からやり直さなきゃいけないという事実を聞いてJR東とかは及び腰になっているんでしょう。

そもそも、そんな脆弱な駅のインフラで今後も大丈夫なのか、という疑問も浮かんできますがね。

また、電車の運転士が下手くそだと、車両ドアとホームドアの開閉部が一致しない事がまま発生します。
その車両ドアとホームドアを一致させるシステムがあって、それを「TASC(定位置停止装置)」と言うらしいのですが、これの設置コストもかかってきます。

まあいうなれば、鉄道会社がホームドアへの投資をその莫大なコストに及び腰になって後回しにしているという事なんですね。

 

今後のソリューション

さりとて、ホームドアを設置しないでいるわけにはいかないでしょう。

なぜなら、人身事故で亡くなる視覚障碍者の事故は絶対0にしなくてはいけないですし、人身事故で電車遅延・電車運休が常態化しているJR東の在り方ってどう考えてもまともじゃないですよ。

社会の公器。社会インフラとして、電車を走らせているわけで、人命や安定運行に係る投資は最優先事項でしょう。

それをサボタージュしてるってJR東って会社はちょっとどうかしているとすら思いますね。

役員報酬とかカットしてもいいのでイの一番に実行すべき投資なんではないんですかね。

従来型の重いホームドアの代替案として、

「4~5本の棒による軽量型」
「昇降ロープ型」
「マルチドア(どこでもドア)」
「戸袋移動型」
「昇降棒型」

なども考案されてはいるようで、全くの無為無策でないという事だけは評価できます。

JR東は一刻も早くホームドアを設置し、人身事故死やそれによる電車遅延を減少させる事にもっと経営資源を注力する事を考えるべきです。

それは社会の公器としてのごく基本的な責務です。社会インフラとしての自覚をそろそろ持ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です