【血液型星座】金正恩×ドナルド・トランプ×習近平

金正恩はA型の山羊座。
トランプはA型の双子座。
習近平はB型の双子座。

A型同士の相性は実はそれほど良くない。
加えてA型とB型も相性は良くない。
よって血液型的な相性は総じて良くない。

山羊座は土の星座、双子座は風の星座。
土の星座と風の星座の相性は良くない。
よって血液型・星座的な統計学的相性では、北朝鮮とアメリカと中国の関係はやはり不穏。
緊張状態がいや増している。

 

シリア空爆の是非

よりにもよって、米中首脳会談の途中でトランプがシリア空爆を決定した。

トランプと習近平の会談中。化学兵器を使うような非人道的な真似は許さないと言うトランプの強い意志が見える。

それに対して、習近平もトランプの決定を是認。まあ、アメリカ国内で、しかも大統領と会談中なのだから、
「いやシリアを攻撃してはダメだ」などとはなかなか言えまい。

しかし、シリアの化学兵器の使用の陰には間違いなくロシアがいる。

習近平がアメリカのシリア攻撃を是認した事は、つまりは暗にお仲間のロシアを批判した事とも同義である。

会談中に習近平は何とも難しい立場で返答に困った事だろう。

 

 

シリアの擁護=化学兵器是認

この習近平のシリア攻撃是認発言について、ロシアをはじめ、なかなか厳しい批判に今後さらされるのではないか。

ロシアとシリアと中国と北朝鮮は言ってみれば、反民主主義の仲間なわけで、共通の敵はアメリカや日本である。

にも関わらず、敵地アメリカに乗り込んでおめおめとお仲間攻撃是認発言の言質を取られたのだから、国内に帰ってからも、外相の王毅氏に叱られているだろうという事だ。

しかしいかな習近平とは言えども、空気を読まないわけにはいかないだろう。

化学兵器で子供の命が奪われている戦場があり、それが政府軍の仕業によるものであるならば、それを看過していては物事に示しがつかない。

「シリアへの攻撃を止めろ」と言うのは、裏を返せば、化学兵器使用を是認しているに等しい。

仮にも一国の宰相が、化学兵器を使ってもいいんだなどとは言えまい。

そこはトランプの権謀術数というか、老練さにしてやられたのだ。こんな老獪な戦術といい、実際に攻撃してしまう実行力といい、トランプはやはりオバマとは一味もふた味も違うようだ。

 

どう決着させるのか。

しかし、実際にシリアを空爆したのはある一定程度の評価はできるとして、今後どうしていくつもりなのか。

アサド政権を完膚なきまでに叩き潰すのか。そして近い将来自分たちの国もこうなると金正恩をけん制するのか。

それとも、化学兵器を使うような非倫理的な一線さえ超えなければ、かの地はロシアに任せるのか。

ふたつに一つしかないのではないかと思っている。

しかし、トランプに今、プーチンとガチで事を構える気はないような気がする。

つまり今回は化学兵器使用というオイタをアメリカとして見逃すことはできないという一種のポーズだったのだろう。

シリアのみならず、アメリカは北朝鮮との関係も従来にない程険悪になっている。
北朝鮮と事を構えるとはつまり中国と反目するという事を意味する。

アメリカが一度にロシアと中国を相手に戦う事になれば、それは世界大戦を意味する。

むろん日本も無関係を決め込むことはできない。日米安全保障条約があるので、日本は東アジアにおけるアメリカ軍の前線となろう。

シリア問題と北朝鮮問題の出口戦略をトランプはどう考えているのか。

それ次第では、日本が非常事態に陥ってしまう。

【血液型星座】金正恩×ドナルド・トランプ×習近平” に対して 3 件のコメントがあります

  1. 匿名 より:

    習近平は双子座だと思うのですが…

    1. tamojun51 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      確認したところ、6/15生れで確かにご貴見通り、双子座でした。
      訂正いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です