【働き方改革】定年制を廃止した方がいい3つの理由

現在65歳以上の高齢者は約3400万人いてそのうち1/4は生活に支障がある何らかの症状を有しています。
つまり3/4にあたる2500万人は潜在的に働くことが可能です。
近所でよく見ませんか?昼日中から、自転車に乗って暇そうに街をぶらつく高齢者を。
健康なのに定年退職した高齢者は毎日暇でやる事がないのです。これはある意味、高齢者にとって不幸ですし、そんな高齢者を年金財政で支えねばならない現役世代も不幸です。
ですから、こんな環境を変えるために、一番いい施策が「定年制の廃止」なのです。
定年制の廃止がもたらすメリットを3つ提示します。

 

1.定年制の廃止により、「年功序列制度」が廃絶される。

今、日本で我々若手サラリーマンを苦しめている諸悪の根源は間違いなく「年功序列」です。
どんなに無能でも、長く会社に居続けさえしていれば、権力者になり、給料も増えていくというこのシステムは管理能力もないのに、管理職になる老害を大量生産し、その下で働く優秀な若手労働者の能力や勤労意欲を散々にスポイルしてきました。
それゆえ、定年制を廃止すると、むしろ年功序列を助長するのではないかと考えられがちですが、実はそんな事はないと筆者は思っています。
なぜなら、企業の経済合理性に合わないからです。
普通労働者の能力のピークとは、年齢でいえば大体、45歳~55歳くらいなのではないかと思料します。
つまり、給料や権力は、この年齢にある人がピークになるようにシステムを組成しなおせば、現場にも納得感のある賃金体系になるわけです。
もし仮に定年制が廃止されたら、企業は高齢者を70歳になっても、下手すりゃ80歳になっても雇用しなければいけない可能性も出てくる。
そうすると、高齢になるにつれて、パフォーマンスの落ちてくる高齢者がそれとは反比例して、給料は上がっていくことになり、それはとどのつまり、経営を圧迫します。
つまり経済合理的に、定年制を廃止すると、自然に年功序列という悪しきルールも消失していくと筆者は考えるものです。

 

2.年金財政の安定化などの経済効果が高い。

高齢者がもし仮に年金を貰う立場から、年金保険料を払う立場になったら、誰がどう考えても年金財政が安定しますよね。
だから、シンプルに高齢者に年金保険料を払ってもらう側に回ってもらおうという事です。
働きたくても仕事のない高齢者の雇用を国が保証し、教育・育児・介護・福祉などの非生産年齢層を支える分野で活躍できるような素地が出来上がればかなり理想的に思えます。
教育と介護を実質無償化することができれば、少子化対策にもなり貯金の必要性が低下するため消費が刺激され景気もよくなるでしょう。
もしも時給1000円×月100時間=月10万円を上限に高齢者を国が雇用した場合、1日8時間なら平均週3日労働となりますが国民年金と合わせても最低16.5万円の月収となるので老後不安がかなり緩和されると思います。
財政コストは仮に2500万人全員が月10万円分働いたとしても30兆円規模となります。
これは日本がデフレになる前の公共投資額と同じですから不可能な額ではありません。
現役の有資格者は管理業務や難しい業務や大切な業務に集中できるようになるため離職率も下がり、教育関連予算や介護関連予算は圧縮されるでしょう。
デフレの最大の要因は、みんな老後不安が大きくてカネを使えない事です。
まずは高齢者の老後不安を払拭してあげて、高齢者が保有していると言われる金融資産900兆円が市場に出回る工夫をしましょうという事です。

 

3.高齢者が働く事で健康寿命が増進される。

高齢者は、働くことにより健康寿命が延びると思います。
昼日中、ぼーっと自転車であてどもなくさまようような生活をしているから、ボケたり寝たきりになってしまうわけです。
認知症を予防するための精神の健康は社会にタッチし続ける事で維持・増進されます。
つまり、定年制を廃止して、高齢者が健康的に働きつづけられれば、医療費の財政支出だって今よりもっと減らせるはずなのです。
また労働力が増えることで在宅介護や在宅医療が主流になることにより医療費も圧縮されるはずです。
それでも足りない部分はデフレ脱却までの間は国債増発して財源とし、インフレ率が目標より上方解離したら増税して財源とすれば良いでしょう。(消費税がいいでしょう)
どちらにしても子育て世帯に現金を直接給付するよりも高齢者の雇用を保証することを通して教育と介護を実質無償化するという現物支給方式とした方が高齢世代にも納得感が高いので、働き方改革政策の落としどころとしては妥当な線かなと。

 

まとめ

私は働き方はもう「年功序列」さえ廃絶してしまえばほぼ終わりと言ってもいいと思っています。
後は現場の自浄作用が働くでしょうと。
とにかく、今の高度経済成長時代の成功体験ばかり追い求める高齢社員が今の労働現場を悪質にしているという考え方が私は強いので、早いところ定年制の廃止をしてほしいです。
こんな分かりやすい政策なのだから、やろうと思えばすぐだと思うんですが。
人間は死ぬまで仕事をし続ける時代になったとみんな考えるべきですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です