電通に存在意義はあるのか

電通の石井直社長が、社員を戒告したという。
戒告の理由は以下の通りだ。

NHKの報道番組に出演した、電通の若手社員が電通をして、
「自浄作用のない会社」と批判したらしい。

実際電通に自浄作用は期待できないので、その通りなのだが、電通は必死でその犯人探しを行い、
NHKに出演した社員を見つけ出し、戒告処分を行ったというわけだ。

戒告処分というのは、「厳しく怒る」ということ。

この報道に触れた時に、大きくは2つの怒りを覚える。

まずひとつは、電通の反省のなさ。
いまいま、厚労省の過重労働撲滅特別班による捜査が行われており、電通幹部から逮捕者が出ると言われている。
そのような折も折、まさか、テレビで電通を批判した社員を見つけ出し、戒告まで加えているとは。

この電通の勘違いぶり、非常識ぶりにあいた口がふさがらないとは正にこのことだ。
本気で改革をしないともう世論も国も許さないと言っているそばで、まさか、社員をつるしあげているとは。
なんとかは死ななきゃ治らないようである。

また、ふたつめに、NHKの取材に問題がある。
電通がちょっと探索したら、すぐに取材源の社員に辿り着いてしまった。
取材先の秘匿はメディアの絶対守らなくてはならない大前提。
にもかかわらず簡単にそれを漏らして、その勇気ある良識的な社員を不利な立場に突き落としている。

まったく、自浄作用がないとは、NHKも同様である。

いりますかね。こんな会社。
電通とかNHKとか。必要ですか?

私は不要だと思うからこう書いているのですが。

高齢社員が過去の成功体験に縛られ、現場や社会に無駄な努力は強いている。

NHKや電通に、もっとみんな怒ったほうがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です