【OPEC原油価格値上げ】

OPECが原油価格値上げを認めたとニュースになっていました。

この影響で、米国債の利回りも上がるんだそうな。

よって日本は相対的に為替は円安に振れる。
原油高のダブルパンチで、商品が何もかも高くなる。

したがって、消費意欲が減退する。
モノを買わなくなる。⇒給料が下がる。

そしてさらに給料が下がると。

またデフレスパイラルに陥る危険があるそうな。

円安で喜んでいるのは、トヨタのような工業製品を作って海外に売る企業ばかりなんだそうで。

円安になると、ドルで買い物がしやすくなります。
よってアメリカだとか中国にモノを売りやすくなる。

また、ドル建ての資産を円安ベースで為替換算すると、資産がボリュームアップする。

だから円安というのは輸出産業に従事している人間にだけ恩恵があるわけですね。

我々一般消費者は消費財が値上がり、かつ給料も下がってドンドンじり貧になります。

円安になっても円高になっても日本ってのはいかんのですね。

しかしここで分からない事が一点。

原油価格が値上がると、なんで、米国債の利率が上がるのか?
そこにどんな因果関係があるのか。

徐々に分かっていきたいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です