【血液型星座】イヴァンカ・トランプの血液型が知りたい!

キャリアウーマンにして、圧倒的な美貌。
父親をして、第45代アメリカ大統領になさしめ、自身は会社副社長を務める。

この度、トランプ陣営において駐日大使も務める可能性も取りざたされる、才媛「イヴァンカ・トランプ」

生年月日から蠍座という事は分かります。
父親のドナルド・トランプが双子座。

相性がいいとは言えません。
しかし彼女がそのあまりにもプレゼンスの大きな父親にとてつもない影響を受けてきたのは誰にでも想像がつくことだろう。

父親はA型なので、同じA型か?
あるいはAB型。いやB型、O型の可能性だってある。

母親のイヴァナ・トランプの血液型も調べられなかったんですよね~

イヴァナ・トランプは魚座。蠍座と魚座は相性がいい。
イヴァンカとイヴァナは相性良かったんではないでしょうか。

このイヴァンカの存在感が最近は日増しに大きくなっていく。

それはドナルドの美人の娘、という特異な出自ばかりではなく、その考え方とかライフスタイルだ。

よくいるキャリア女性とは一線を画している。
どう違うかと言うと、イヴァンカは「女の文法」で「女のまま」白人社会で戦っているのだ。

よくヒラリー・クリントン(AB型、蠍座)が言う、「ガラスの天井」
ヒラリーは自分があまりに優秀であるため見失っている。
自分が女性であるという事を見失っているのだ。

圧倒的に有能でありながら、彼女はキャリアを求め続けて生きてきたが、彼女がキャリアを求めているのはあくまで、
「白人の」「男性が」作ってきた価値観の中だ。

そこで生きていくには女であるにもかかわらず、「男の文法」で勝負する事を余儀なくされる。
かくして、「男ヒラリー」が出来上がっていったのだ。

「男ヒラリー」は優秀ゆえに既存の男優位のシステムを繁栄させる事に躍起になり、つまり女の敵に成り下がった。

ミイラ取りがミイラというヤツ。
勉強ができるだけでは成功しない、典型的なパターンがこの「ヒラリー・クリントン」と言えるだろう。

かたやイヴァンカ・トランプは違う。
彼女はオシャレで美人で、スタイルが良くて、子供も3人いて、それなりに子煩悩。
イケメンお金持ちの旦那を捕まえて、その人生はまるで女性の幸せ独り占めのようなもんだ。

しかし彼女はその「女の文法」で白人の男社会と戦っているのだ。
まるで白人の男社会を代表する自分の父親の懐に取り入っているように見えるのに。
実は自分で一番忌避しているその白人の臭気の漂う時代遅れな男根主義に。

彼女は「女として」立ち向かっている。

これをして、人に「ポストフェミニズム」などと呼ばしめるそうだ。

女としてフェミニズムの為に戦う。実は世の女性はこういう「女性の」リーダーを求めていたのかもしれない。

だから再度私は言う。ヒラリーは女だから大統領になれなかったのではない。
男だから大統領になれなかったのだ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です