タバコの全面禁煙は是か非か。

松沢成文が神奈川県知事時代に、受動喫煙防止条例を制定したと誇らしげですが、川崎市の歩きタバコの現状を見てから言って欲しいものです。
そんな条例は形骸化しています。
しかも道にタバコのポイ捨てを平気でする民度の低い人間が多すぎます。
そういうマナーを守らない一部の喫煙者のせいで、嫌煙者とマナーを守る喫煙者の双方が迷惑しています。
それゆえにタバコ全面禁煙には賛成の立場です。
肺がんの直接原因だと言うのに吸うなんて健康オタクの私からすると信じられません。

朝日新聞社による世論調査

朝日新聞による、3月11、12日の世論調査によると、受動喫煙対策の強化策とするレストランや居酒屋などの飲食店を原則禁煙とする厚生労働省の法改正案に「賛成」は64%で、「反対」の25%を上回ったそうです。
男女別では、男性の57%、女性の71%が「賛成」だったとの事。
確かに、タバコを吸っているのは大多数が男性のイメージですから、この調査結果は納得感があるように思えます。

産経新聞社による世論調査

一方、産経新聞社とFNNの合同世論調査によると、飲食店を原則禁煙とする厚生労働省案がよいと回答した人は37.6%。
これに対し、店側が「喫煙」「分煙」「禁煙」を選び、喫煙環境を店頭に表示するよう義務付ける自民党たばこ議員連盟の対案を支持する声が60.3%に達したとの事です。
朝日新聞の世論調査の仕方が、喫煙是か非か、という二元論的なそれだとしたら、こちらはソフトランディング案ですね。
要は店側がちゃんとタバコについてどういうスタンスか示していれば、何も飲食店全店で禁煙にしなくても良いのではないか、という意見が産経側の総意なんでしょうね。
しかし、例えば、立場の弱いサラリーマンが喫煙者の上司と飲みに行かねばならなくなったシチュエーションを想定してみてください。
そこでたとえば、「喫煙」と銘打っている飲食店だからと言って、その上司に「この店は喫煙可能なのでやめましょう」などと言えるでしょうか。
私は無理だと思いますね。だから、喫煙シチュエーションで弱い立場に立たされる嫌煙家の立場から言わせてもらうと、原則禁煙にしてもらわないと、というのが本音でしょう。

さあ落としどころが難しいですなあ。
私はマナーの悪い喫煙者には辟易とさせられているので、全面禁煙にしてしまえばいいのにとは思っていますが。
そうするとJTの経営だとかタバコ葉農家の経営とか経済に言及する声をよく聞きますが、しかし、経済の栄枯盛衰というのはいつの世もそういうものですよねえ。
スマホが普及しすぎて、パソコンが売れなくなったからって、パソコンを買うように行政が慫慂はできないように、世の趨勢が全面禁煙に流れたからと言って、タバコ農家を保護するなんておかしな話です。
私は東京オリンピックについては反対の立場なのですが、日本社会がタバコを止める方向に動いてきた事だけはこの五輪効果として、良かったなあとしみじみ思うところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です