認知症ドライヴァー350万人時代へ

時は、2025年。

団塊の世代、全員が75歳以上の後期高齢者になる。

厚生労働省によれば2025年には認知症患者が最大730万人にもなると言われている。

また一説によれば、軽度認知症患者は580万人を超える見込みも出されており、実に、国民の9人に1人。65歳以上に至っては、3人に1人が認知症になる、大認知症時代が来ると可能性も示唆されているのだ。

その時今、262万人いると言われる認知症ドライヴァーは350万人にもなるとまで言われている。

警察庁の統計では、75歳以上の死亡事故のうち、認知機能の衰えに由来するものは実に5割にも及ぶという。

外を歩いていたら、轢き殺される危険性が日に日に増しているという事です。

また、2025年には、特別養護老人ホームの入所が叶わない高齢者は62万人。介護人材も38万人不足するだろうと言われている。

この未曾有の高齢化・認知症時代に日本社会はどう対応すればよいか。私の考える解決策は以下2点です。

①定年制の廃止

定年制が認知症の進行に一役買っているとは思います。

働かなくなって、一日自転車でそこらへんをフラフラしている高齢者をよく見ますが、やはりどう考えても不健康と言わざるを得ない。

認知症を一番予防できるのは社会とタッチし続ける事でしょう。

健康寿命を増進させる目的でも定年制は廃止しなければならないのです。

高齢になってパフォーマンスは落ちてもやれる仕事をやればいいじゃないですか。

社会から必要とされていれば認知症になっている暇なんてないですよ。

人生100年時代。一生現役です。働ける人はみんな働いたらいい。そしたら年金財政ももっと安定化しますから。

人間というのは死ぬ直前に一番医療費がかかるのです。

健康寿命=平均寿命にしさえすればそれが一番財政支出を減少させうるわけですな。日本財政の安定化にも寄与する定年制の廃止を働き方改革とセットで早く実現するべきなんです。

 

②安楽死・尊厳死の法整備

それでも人間、いつなんどき認知症になったり、病気や怪我になるか分かりません。

もしそこまでの人生、精いっぱい生きてきた人ならば、病気や怪我と戦って生きるよりも、もう安らかに眠りたいと考えても何ら不自然はないと思います。

そんな人たちが自ら死を選べる社会こそが真の意味でも文明社会と言えるのではないでしょうか。

もし、病気や怪我になったら意思表示しさえすれば、自分を安らかな死に導いてくれる社会制度があれば、きっと日本人は今ほどお金を溜め込まないと思うんですよね。

と言うより、死ぬ前にお金を好きな事に使って悔いない人生を飾りたいと思うように考えるんです。

つまり安楽死と尊厳死で高齢者のタンス預金が社会に放出されるはずなんです。

そうすれば、今社会を覆っているしつこいデフレから脱却する起爆剤になりえます。

以上2つの解決策を可及的速やかに導入する事が前人未到の高齢化社会日本に求められていると思料するものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です