【血液型星座】南北融和/慰安婦・徴用工問題/ホワイト国/GSOMIAなどについて考える

関連過去記事。

【血液型星座】金正恩×トランプ×習近平×プーチン×安倍晋三×文在寅

【血液型星座】第4次安倍再改造内閣

【血液型星座】文在寅×金正恩×安倍晋三×ドナルド・トランプ

韓国の嫌いな国、日本は3位だそう。

日本の政治家数は多すぎるのか(定数削減すべきなのか)検証する。

チョ・グク法相の辞任により、支持率が落ちたということで、現在の支持率が40%を割ったというニュースがあった。

しかし、この期に及んでまだ40%規模の支持率を確保しているということであり、韓国という国内における、「反日」というセンチメントの大きさには本当に底が見えない。

何がそんなに憎いのか。正直この粘着には薄気味悪さすら覚えてしまうくらいである。

文在寅はB型の水瓶座。有名人でいうと、出川哲郎や長島一茂、ヒロミなど、まああんまり根に持たない単純タイプで頭はそう良くはないが、さっぱりした気質の人が多い印象だ。

(別に、B型水瓶座の人が全員、この累計に当てはまると言っているわけではなく飽くまで統計的な観点からの発言なのであしからず)

安倍晋三はB型乙女座。松本人志や泉ピン子など。ちょっと神経質でしつこそうな感じ。(飽くまで筆者の印象論です)

金正恩はA型水瓶座。矢口真理とかIKKOとか。

トランプはA型双子座。有吉とか唐沢寿明とか。

文在寅と金正恩の相性。AとBの相性は最悪だが、水瓶同士の相性はまあそれなりに良いというデータがある。

 

南北融和という大いなる目標があるなら北にコミットするのが本当にイケてないと思う。

南北朝鮮は戦争中なわけですが、文在寅には、この南北朝鮮を融和させるという大いなる政治的目標があるということです。

しかしそれなら、本当に外交センス壊滅的なんではないかと疑ってしまいます。

なぜかというと、仲良くしたい大本命(北朝鮮・金)にコミットするのが本当にダサダサだと思うからです。

本当に、金正恩を落としたいならば、接近するべきは大本命に直ではなく、アメリカなんじゃないですか?

好きな女性に「好き」と迫ることしかできない文在寅のバカ正直さって、女側からしたら扱いやすい「誠実な」男認定されているんじゃないでしょうか?

実際、金正恩は韓国とかにはさほど興味がなく、ずっとアメリカの方ばかり向いている印象です。

つまり、文が本当に、金正恩を落としたいなら、接近する相手は本人ではなくトランプなんだと言いたいわけです。

文がトランプと仲良くなることに成功して、例えば、米朝の会談なんかを仲介したり、影響力を及ぼせるようになったら、金は文のことを見直すんではないでしょうか?

「アメリカとパイプのある文は素敵」という印象を与えさえすれば、金を落とす可能性は絶対上がりそうだ。

好き好きとすり寄ることしかできない文の外交姿勢というのは本当にモテない男みたいですごくイケていないように見受けられます。

(別段、筆者はモテについて一家言あるとかそういうんではないですが、それにしても文のダサさはあまりに際立っているでしょう)

 

徴用工、慰安婦問題、ホワイト国、GSOMIA、竹島問題など

隣ということもあり、日韓間には問題が多い。

隣同士だからこそ、仲が悪い、というのはあると思う。

(マンションなどの集合住宅に住んだ経験がある人なら、隣近所とかの騒音トラブルとかで隣人が世界で一番ムカつく、とかそいういう感覚が理解できるのではないかと思う。)

それにしても、徴用工と慰安婦問題については、韓国の言い分がどんなに客観視しても酷いとは思う。

そもそも該当の問題に関しては、1965年の請求権協定によって、

「過去に徴用工に過酷な労働をさせたり、慰安婦を虐待したりしたことは本当に申し訳なかった。ただ、今後は仲良くやっていきたいと考えているので、この協定で手打ちにしませんか?」

という妥協案である。

日本が非人道的な行いをしたことは事実としてある。それは誤りを認めて、金銭で解決し、それ以後については不問にし、仲良く生産的な関係を修復していこう、という極めて前向きな協定だと思います。

【請求権協定について】

https://kotobank.jp/word/%E6%97%A5%E9%9F%93%E8%AB%8B%E6%B1%82%E6%A8%A9%E5%8D%94%E5%AE%9A-189571

なのに、それをいつまでも蒸し返している韓国の行政のしつこさには本当に辟易します。

別に私は、変な右翼のナショナリストとかではないのですが、過去の経緯や韓国の言い分を聞いているとほとほと呆れてしまいます。

戦争という異常状態だったことを差し引いても、日本のしたことは悪い。しかし手打ちにした問題についていつまでもグチグチウダウダ言っている。

韓国があまりにも粘着的だと断じざるを得ないと思います。

私達の世代は戦争を経験していないし、別に直接凌辱したとかそんなこともない。

それなら、若い世代は一緒に経済とか頑張って発展しあって行こう、という気持ちを踏みにじる、韓国のナショナリストには本当に吐き気すらします。

変な高齢の右翼みたいな人間ってどこの国にでもいるんだなという感想。(というか、そういう粘着質なところも含めて、日本と韓国っていうのは似ている国なんかもしれません。同族嫌悪とでも言おうか。意外と日韓の右翼の高齢者とか、お互いに酒でも飲めば意気投合するんじゃないでしょうか)

私は韓国と自由貿易をして、グローバル資本主義を一緒にやっていこうよ、と考えている派なので、日韓両国を貧しくさせようとする、両国の右翼そして、左翼に対しては本当に反吐が出ますね。

また、GSOMIA問題。

日本憎し。民主主義憎しの現文政権による我儘がアメリカに対しても炸裂している。

上にも書いた通り、北朝鮮の歓心を得たいのならば、まずアメリカに接近するのが得策なのに、むしろ怒らせるような幼稚で直情的な外交を展開している。

本当にこの文というオッサンはセンスがなくてダサいなという印象です。

そして絶望なのは、そんなダサいオッサンを支持する国民がまだ40%弱もいるという事実ですね。

 

総括

私は韓国人のエンジニアの人なんかと仕事したりメシに行ったりしたことがありますが、まあ普通の(日本で働けるくらい技術力があって日本語ペラペラなので、普通どころかかなり優秀な人なんだと思いますが)気の良い青年たちでした。

また、韓国ドラマなんか日本のオバハンなんかも好きでよく見ているようですし、大久保なんかでは韓国フードとか若い人間の間で流行っていたりするようです。

日本のメーカーだけが提供できる純度99.999999999999%(12:9)のフッ化水素など韓国経済でも不可欠の技術だそうで、また、その販売先があった方が日本のメーカーだってありがたい。

お互い文化、経済の行き来がないよりあった方が絶対良いのに、なんか両国の変な右翼の人とか左翼の人がそれをさせまいと感情的な言動で殴り合っている様は大変に醜いですね。

また、思想的には相いれないはずの韓国の右と日本の左は主張していることが実は同じ。

韓国の左と日本の右も主張していることは同じ。

分かり合えないこともない可能性がありながら、お互い日本と韓国を十把一絡げにして、とりあえず感情的な怒りの対象にしている。

なんならそれを助長している人間が大統領なのですから、状況が改善されるはずもないのでしょう。

我々にできることと言えば数少ないですが、

・選挙において適切な候補者に投票する。

・地道に自分のできる範囲で自由貿易に貢献する。

この程度のことだと思います。あとはクレイジーな人たちの極論を鵜呑みにしないことでしょうか。

【スポンサーリンク】
------------------------------- 技術者募集 -------------------------------
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
     の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
----------------------------------------------------------------------------
第二新卒向けの就職支援サービス
----------------------------------------------------------------------------
ウズウズカレッジ
----------------------------------------------------------------------------
登録1万円キャンペーン他♪各種キャンペーン実施中!
薬剤師の派遣・転職 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)

----------------------------------------------------------------------------
薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」
----------------------------------------------------------------------------
掲載課金・採用課金型の本格的な求人サイトを構築【求人サイト基本システム】
----------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です