【Wantedly】2019.2(中間決算)

関連過去記事。

★2018.8期、本決算

http://tamojun51.com/archives/2231

★求人・人材紹介大手3社決算比較(2017-2018)

http://tamojun51.com/archives/2070

★金銭解雇などについて

http://tamojun51.com/archives/1773

今回は2019.2期、中間決算について分析。

決算情報は決算短信より。

単位は特筆なき場合全て百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 1,397 188 101
前決算② 932 △ 60 △ 61
業績予想③ 2,800 330 175
YoY 465 248 162
149.9% 313.3% 165.6%
③-① 1,403 142 74
進捗率 49.9% 57.0% 57.7%

 

【対前中間】

増収(+465、149.9%)、増益(+330、313.3%)

営業利益率は13.5%と、赤字だった対前中間と比べると大躍進である。

人手不足が叫ばれる昨今、人材業界の景気は良い。

しかしこの人手不足という活況もいつまで続くのだろうか。

働く人が減るなら、サービスや商品・製品のエンドユーザーも減るので、トントン、ということにはならないのでしょうか・

【対業績予想】

進捗率。

売上が本当に若干ショートしているが、肝心の営業利益は超過達成している。

業績予想では、11.8%の営業利益率を見込んでいるので、+1.7%で推移している。

概ね、良い、中間決算と言って良いのかと感じました。

 

営業CF

営業CF マージン
当期 167 11.95%
前期 -48 -5.15%
増減 215 17.10%

 

営業CFも大幅にアップ。

対前中間で、+215、マージンは+17%と調子良い。

主な増減内訳。

・税引き前利益→ +250

・売上債権 →    +13

・未払金  →    ▲58

営業利益率が13.5%で、営業CFマージンがおよそ12%

良い中間と言えるのでしょう。

 

決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 330
有利子負債 当決算期末残高
現金預金 当決算期末残高 801
株主資本 当決算期末残高 747
当期純利益 業績予測 175
総資産 当決算期末残高 1,393
発行済み株式数 当決算期末残高 9.184
支払利息 業績予測
非資金的費用 業績予測 22
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 19
BPS 純資産÷発行済み株式数 81
株価 直近株価 4,200
予想配当金額 決算短信 0.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 0.000
時価総額 株価×発行済み株式数 38,575

 

総資産13億円。株主資本7.4億円。自己資本比率53.6%

前受金が3億円弱あり、それなりに大きい。何の前受金?

当社のサービスが前金制ということ?

借金はなし。それゆえ前受金が大きくて目立つ。

流動資産10億円。流動負債6.4億円。流動比率166.6%

ネットキャッシュは+8億円。対総資産比率は57.5%

BSが軽いのも悪くない。総資産の大半がキャッシュというのも良い。

時価総額が385億円。

そうは言いながらも、総資産13億円の会社にしてはサイズが大きすぎないか?

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 23.43%
ROA 総資本利益率 12.56%
PER 株価収益率 220.43
PBR 株価純資産倍率 51.64
ROIC 投下資本利益率 28.43%
WACC 加重平均資本コスト 0.00%
EBITDA 減価償却前営業利益 352
FCF Free cash Flow 194
EV 企業価値 37,774
予想利回り 0.00%
配当性向 0.00%

 

ROE,ROA,ROICのスコアはかなり良い。特にROICはかなり良い。

グレアム指数が11,382倍。。。PBRが51.64倍ととてつもなく高くなってしまっている。

これだけ高くなると、少しバブル臭い感じだが。いくら何でも高すぎないだろうか。

EV/EBITDAは107.3倍。こちらもめっちゃ高い。

FCFは1.9億円。マージンは6.9%と営業CFマージンと比べると弱い。

当中間から突如出現した、賞与引当金(32)とかの影響だろうか。

配当はしない。カネはあるけど。

でもまだ配当とかそういうフェーズじゃない、という経営判断なのでしょう。

 

総括

良い決算であり、財政状態も良いと言わざるを得ない。

ただ、それにしても高すぎる。

PBR 51.64倍ではちと買いの検討に値しないのではないでしょうか。

ただむろん、これからもっと、ガンガン成長していく有望株だと思うのなら、全然今からベットするのも一興とは思わないでもないですが。

人材業界の今後はどうなのでしょうか。

私は基本、ホワイトカラーの中長期的な未来については悲観的な方ですが。

★ホワイトカラーが人手不足にはならない?

http://tamojun51.com/archives/889

マクロ的に、人材の獲得競争で、需給がタイトなうちは、こういう企業は調子良いでしょうが、果たして今の勢いがいつまで続くのかについては、少し懐疑的です。

ただ、マクロ経済がそんな感じでシュリンクしたら人材系以外の会社も軒並み総崩れでしょうけど。

【スポンサーリンク】
------------------------------- 技術者募集 -------------------------------
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
     の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
----------------------------------------------------------------------------
第二新卒向けの就職支援サービス
----------------------------------------------------------------------------
ウズウズカレッジ
----------------------------------------------------------------------------
登録1万円キャンペーン他♪各種キャンペーン実施中!
薬剤師の派遣・転職 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)

----------------------------------------------------------------------------
薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」
----------------------------------------------------------------------------
掲載課金・採用課金型の本格的な求人サイトを構築【求人サイト基本システム】
----------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です