【ファーストロジック】2019.1(中間決算)

物件掲載数首位の投資用不動産サイト『楽待』運営。

不動産会社からの掲載料・広告収入が柱。

比較会社で言うと、LIFULLなどある。

★LIFULL、2018.9、本決算

http://tamojun51.com/archives/2272

今回はファーストロジック社の2019.1期、中間決算について分析。

決算情報は決算短信より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 848 455 295
前決算② 935 208 151
業績予想③ 1,696 910 590
YoY △ 87 247 144
90.7% 218.8% 195.4%
③-① 848 455 295
進捗率 50.0% 50.0% 50.0%

 

※業績予想の開示はなし。よって、簡易的な業績予想として、実績を2倍した数字を記載している。

【対前期】

減収(▲87、90.7%)、増益(+247、218.8%)

減収したのに、大幅増益している。

営業利益率は22.2%から、驚異の53.7%へと大幅アップ。

投資用マンションとか、スルガ銀行とか、スマートデイズとか、TATERUとか、最近の不祥事で、下火になるのかと思いきや、意外とそんなことはなく、底堅いのでしょうか。

個人的には、マンションとかアパートへの投資は、借金を背負うことになるし、管理も面倒臭そうなので、そんなに良いモンとは思えませんが。

そうは思うが、好決算。この勢いが当期末まで続けばかなりすごいです。

 

営業CF

営業CF マージン
当期 452 53.30%
前期 2 0.21%
増減 450 53.09%

 

+452で、マージンが53.30%と、CFマージンも、かなりイカつい数字で驚く。

対前期で、+450、+53.09%と成長率もエグい。

主な増減内訳は、以下の通り。

・税引き前利益→+244

・未払金→+71

・未払消費税等→+52

運転資本も大幅に改善されている。

何でここまで、PLもCFも良くなっているのかという感じ。

当期+翌年度の税金が怖いですね。

 

決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 910
有利子負債 当決算期末残高
現金預金 当決算期末残高 2,701
株主資本 当決算期末残高 3,062
当期純利益 業績予測 590
総資産 当決算期末残高 3,356
発行済み株式数 当決算期末残高 11.771
支払利息 業績予測
非資金的費用 業績予測 17
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 50
BPS 純資産÷発行済み株式数 260
株価 直近株価 631
予想配当金額 決算短信 0.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 0.000
時価総額 株価×発行済み株式数 7,428

 

総資産33億円。株主資本30億円。自己資本比率91.2%

無借金経営。

流動資産30億円。流動負債2.9億円。流動比率1026.6%

ネットキャッシュは+27億円で、対総資産比率が80.5%

資産の大半がカネみたいなもんですね。

財務内容も素晴らしい感じ。

時価総額が74億円。

売上が15-16億円。資産が33億円。カネが27億円くらい。

ただ、PLとかCFの感じだと、もっと大きいサイズでも不思議ではないなあと感じます。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 19.27%
ROA 総資本利益率 17.58%
PER 株価収益率 12.59
PBR 株価純資産倍率 2.43
ROIC 投下資本利益率 19.13%
WACC 加重平均資本コスト 0.00%
EBITDA 減価償却前営業利益 927
FCF Free cash Flow 613
EV 企業価値 4,727
予想利回り 0.00%
配当性向 0.00%

 

ROE,ROA,ROICのスコアも凄まじい。

とても良い。ただ、中間時点までの決算の勢いで終われたら、という前提で弾いている数字です。

グレアム指数は30.5倍。PBRは2.43倍。滅茶苦茶高いという感じはしないです。

EV/EBITDAは5.1倍で、こちらはむしろ割安か。

PEGレシオは5.76倍で、こちらも安い感じ。

FCFマージンは36.1%とかなり良い。カネ回りも良い。

フローもストックも素晴らしい。しかし配当はしない方針のよう。

それは、カネが他に使い道があるなら、配当などせずに、ガンガン事業投資した方がいいでしょう。

配当を出す会社は、投資家思いではありますが、配当は出した途端に、源泉所得税として、何の苦労もしていない行政という泥棒に収奪されてしまうので、事業投資して、未来の希望に使ってくれた方が、役所や政治家以外はみんな幸せになれるのかもしれません。

 

総括

とても良い決算だと思いましたが、気になる点としては、以下3点。

・何で業績予想を開示していないのか。

・キャッシュ持ちすぎ。

・配当は出さないんだ。

上記の点は少し気になります。

業績予想については、事業的には、結構見積もりやすいのでは?と思わないでもないので、敢えて開示しない理由は何なのかというのは気になる。

予実管理とかはしていないんでしょうか。

あと、良くも悪くも、キャッシュ持ちすぎとは思わないではない。

まあ、ないよりはよっぽどいいのですが、ただ豚積みしていても、、、という感じ。

カネがあって、使うアテがない、というのはそれはそれで不安にはなる。

配当については、私は、出さないのは割と悪くない経営判断と思っていますが、これだけカネがあるのに全くの一銭も出さないのは珍しいな、と思いました。

この会社の成績で、配当を出すと言いだしたら、株価物凄く騰がるだろうなあとも思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です