【ゼロ】2018.12(中間決算)

関連過去記事。

★2018.9期、1Q決算

http://tamojun51.com/archives/2218

今回は2018.12期、中間決算について分析。

決算情報は決算短信より。

単位は特筆なき場合全て百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 43,179 764 △ 45
前決算② 38,559 1,929 972
業績予想③ 89,000 4,300 2,200
YoY 4,620 △ 1,165 △ 1,017
112.0% 39.6% -4.6%
③-① 45,821 3,536 2,245
進捗率 48.5% 17.8% -2.0%

 

【対前四半期累計】

増収(+4,620、112.0%)、減益(▲1,165、39.6%)

営業利益率は5.0%から1.8%にダウン。

増収したのに、営業利益が大きくへこんでいる。

ドライバーの人手不足による労務費・採用費増や燃料費増、車両制限令や路上荷扱い制限などのコンプラ対応費用などかさむ。

前期および当期の原価率の比較。

(前期)32,444/38,559=84.1%

(当期)38,156/43,179=88.3%

原価率が4%以上上がっている。それ相応に、営業利益が薄くなるのは当然ですね。

また、最終利益が赤字になってしまっている。

この原因は、法人所得税▲786によるもの。

税引前利益が741しかないのに、法人所得税が▲786も計上されている。

どういう計算でこうなってしまったのか分かりかねますが、こういう利幅の薄い企業が必死で稼いだカネを、ピンハネするこの法人税というアコギなシステム。

日本は法人税率が国際相対的に高いと言われるゆえんをここに見ました。

【対業績予想】

進捗率。

業績予想は売上を上方修正。営業利益は変わらず。

http://www.zero-group.co.jp/Portals/0/resources/ir/library/file/IR_20190208-1.pdf?TabModule648=0

なかなか厳しそうな市況ですが、残り半期でしのげるでしょうか?

中間配当は赤字なのに4円出す。年間配当は据え置き。

苦しそうですが、何とか立ち直ってもらいたい。

マクロ経済(中国経済・アメリカ景気・$¥為替などなど)次第なところもあるのでしょうが。

 

営業CF

営業CF マージン
当期 -546 -1.26%
前期 1,905 4.94%
増減 -2,451 -6.20%

 

営業CFも赤字になってしまっています。

対前期▲24億円。

主な増減要因は以下の通り。

・税引き前利益→▲10億円。

・法人所得税の支払額→▲4.5億円。

・営業債権→▲11億円。

・棚卸資産→+3億円。

赤字の会社から、税金を収奪するという、この国の税システムはイカれています。

そして、それらの血税を官僚や政治家が、無駄遣いしたり、東京オリンピックやら下らないモノに投下したり、センスのない政策でバラまき、ますます国を貧しくしていたりします。

今こそ、大減税をし、官僚や政治家に、貧乏国家にせしめたことの責任を取らせるべき時でしょう。

 

決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 4,300
有利子負債 当決算期末残高 1,811
現金預金 当決算期末残高 3,857
株主資本 当決算期末残高 21,512
当期純利益 業績予測 2,200
総資産 当決算期末残高 37,677
発行済み株式数 当決算期末残高 16.627
支払利息 業績予測 44
非資金的費用 業績予測 1,670
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 132
BPS 純資産÷発行済み株式数 1,294
株価 直近株価 801
予想配当金額 決算短信 33.1
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 550.350
時価総額 株価×発行済み株式数 13,318

 

総資産376億円。株主資本215億円。自己資本比率57.1%

有利子負債18億円。D/Eレシオは0.08倍。

流動資産168億円。流動負債120億円。流動比率139.7%

ネットキャッシュは+20億円。対総資産比率5.4%

カネに関してはまだゆとりがある感じです。

借金は少ない。

時価総額は133億円。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 10.23%
ROA 総資本利益率 5.84%
PER 株価収益率 6.05
PBR 株価純資産倍率 0.62
ROIC 投下資本利益率 11.87%
WACC 加重平均資本コスト 2.48%
EBITDA 減価償却前営業利益 5,970
FCF Free cash Flow 2,391
EV 企業価値 11,272
予想利回り 4.13%
配当性向 25.02%

 

ROE,ROA,ROICのスコアはなかなか。欲を言えば、ROAがもう少し欲しい。

グレアム指数は3.7倍と超安いです。PBRは0.62倍とこちらも超安い。

EV/EBITDAは1.9倍とこちらも破格の安さ。

FCFマージンは+2.7%で、薄いながらもなんとか黒字確保。

運転資本(売掛▲396、棚卸▲392、仕入▲113)は決して良くはないが。

配当利回りは脅威の4%超え。配当性向が滅茶苦茶高いというわけではないのにもかかわらずです。

つまり、株価がかなり安いままとなっている。

 

総括

悪くない銘柄。ただ業績予想を達成できるか否かに大きくかかっている。

ドライバーの人手不足などのマクロ環境については、正直どうなるのかわからない。

当分は、需給はタイトなままなのではないでしょうか。

燃料費については、原油などは急落しましたが、それが効いてくるのは、残り半期でしょうか。

コンプラ対応については、こなせるようにしないとしょうがないので、何とかクリアして欲しいですね。

役所はこのように、民間に厳しい規制を課します。

そして、そんな民間から、利益よりも大きい税金を収奪してふんぞり返っているのです。

盗人や、強盗の方が、まだ可愛げのある存在と言えましょう。

口さがない人などは、役所をして、「公認ヤクザ」と呼称しますが、さもありなん、ですね。

日本経済が立ち直るために、一番最初に必要なのは、つまりは「減税」です。

ビジネスセンスのない役人がカネを使うよりも、民間がカネを使った方が、みんながハッピーになれる仕組み作りに寄与するはずなのです。

★日本の政治家は多すぎるのか?

http://tamojun51.com/archives/1496

★天下りは是か非か?

http://tamojun51.com/archives/193

【ゼロ】2018.12(中間決算)” に対して1件のコメントがあります。

  1. Wanda より:

    What a information of un-ambiguity and preserveness of valuable
    experience concerning unpredicted feelings.

    1. tamojun51 より:

      Thank you for your reading my page.
      Please come again.

  2. Fermin より:

    Thanks for the good writeup. It in truth used to be a amusement account
    it. Glance complex to far delivered agreeable from you! However, how can we keep up a
    correspondence?

    1. tamojun51 より:

      Thank you for your comment!
      Please do come see me again.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です