【オススメ漫画】あずみ/AZUMI

関連過去記事。

★オススメ漫画「ラストイニング」

http://tamojun51.com/archives/731

★オススメ漫画「響~小説家になる方法」

http://tamojun51.com/archives/2044

★【実写化の悪】ナオミとカナコ

http://tamojun51.com/archives/1066

小山ゆう作品が大好き。

中でもこの「あずみ」が一番大好きで何度も読み返しています。

戦国時代終期、徳川安定政権を築くために、徳川家康の側近でもあり大僧正でもある、「南光坊天海」が画策した枝打ち。

枝打ちとは、徳川安定政権を転覆させ、再び、乱世に戻そうと企む大名や学者、役人などを暗殺して、大きな戦争の萌芽を事前に摘んでしまうこと。

その枝打ち要員として、日本全国各地から、運動能力などの高い子供たちを集めて、小さい内から戦闘などの英才教育を施し、暗殺集団を組成する、というビッグプロジェクトの総称のことでもあります。

そんな枝打ち要員の中でも、頭抜けて能力が高く、驚異的な美貌すらも兼ね備えた、あずみ。

そんな戦国時代が終わろうとしていた混沌とした時代を優しくもタフに生き抜く少女「あずみ」を描いた一大歴史大河ロマンです。

 

 

一方「AZUMI」は戦国時代の「あずみ」とは関係ない幕末のアサシンのお話。

ただ、美しく、身体能力がずば抜けているあずみが暗躍する物語は一緒。

戦国時代のあずみと顔も一緒。違うのはコスチュームだけですかね。

 

 

私は「幕末」と「あずみ」が好きで好きで仕方ないので、もうこれは読まない選択肢がないようなケースですね。

なんと、「お~い!竜馬」に出てきた、

坂本竜馬、桂小五郎、高杉晋作、新撰組、西郷隆盛、勝海舟などが再登場するスターシステム!

小山作品の中でも、指折りのチートキャラ、竜馬とあずみの共演は正直熱すぎますね。

 

美しき、心優しきアサシン

作中のあずみは滅法腕も立ちますが、とにかく人が良すぎる。

手練れの剣客が、束になってもあずみに傷一つつけられない程、あずみの能力は次元を超えてしまっている。

それゆえに、敵はあずみの動きを制限するために、ガンガン人質を取ってきます。

そしてこの人質作戦が優しいあずみの攻撃力や防御力を低下させることに非常によくワークしてしまいます。

それによって読者をやきもきさせて、物語を演出しているんだ、と分かってはいても、敵の卑劣さや残虐さに、いつも怒りや絶望を味あわされ、読者の精神がゴリゴリ削られていきます。

もしあずみが、この人質を無視できるほど冷酷なアサシンに成りきれていたならば。

敵は人質に効果がないことを悟り、対あずみで人質作戦をここまで多用してはこなかったでしょう。

つまり、作中において、近しい者をガンガン喪ってしまったその背景にあるのは、あずみの、アサシンに似つかわしくないその優しさなんですね。

「誰も喪いたくない」という優しさが逆に犠牲者を増やしてしまう。

これはそんなパラドキシカルなお話でもあります。

 

残虐な鬱展開の連続

詳細は当然、漫画を買って読んでほしいものですが、かほどに、残酷な鬱シーンが連発される漫画はそう多くないと思います。

とりわけ、物語序盤~中盤あたり?の毘沙門天編は本当に子供時代に読んでトラウマになりました。

少し大人になってから(中学生くらい)読んだ、「殺し屋1」で多少その残虐描写がアップデートされた感がありますが、両作品とも、今読んでも胸糞悪くなります。

 

 

戦国末期や、幕末に生まれて、理不尽に拷問されたり殺されたりしないだけ、今の自分はマシなんだな、と感じることができるだけでも、この漫画を読む価値があると私は思います。

本当に、今の日本は、200~400年前と比較すると、治安が良すぎますね。

 

悪者をバッサバッサと斬り倒すカタルシス

そんな残虐で冷酷な敵がわんさと出てくる当作品ですが、やはりそれらの敵どもをバッサバッサと斬り倒しまくる、あずみの超人的な殺陣がこの漫画の最大の魅力なんでしょうね。

「早くあずみ出てきて!」というところまで溜めて貯めて、そしてやっと出てきて、きっちり型にはめて溜飲を下げてくれます。

(ただそのあずみ無双になるまでの展開が、遅すぎる、という展開が多いのが、この小山先生の困ったところなのですが。。。)

おそらく「あずみ」や「AZUMI」の読者はみんなあずみが大好きだと思います。

私も大好きで、その強さ、美しさ、賢さ、優しさ、時折見せる少女のあどけなさなどに心奪われています。

それゆえに、このあずみの実写化には大いに憤りを感じています。

こんな強くて美しい人間は、漫画という表現だからこそ表現しうる、一種の芸術です。

それなのに、たかだか、一女優が演じて、読者がそれぞれ作り込んだ世界観をぶち壊してくれることにとてつもない怒りを感じます。

「あずみ」は絶対に実写化してはいけない作品のうちのひとつであり、これを実写化しようとした無能なるディレクターやプロデューサーは野伏せりにでも、惨○されてしまえばいい、と本気で思っています。

 

総括

ぜひ、実写映画などではなく、漫画「あずみ」と「AZUMI」を一気読みされたらいいと思います。

そして「AZUMI」を100倍楽しむために、「お~い!竜馬」も読んでおくと良いかもしれません。

(こちらもそれなりに残酷な描写の多い漫画です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です