【ヘリオス テクノ ホールディング】2018.9

関連過去記事。

★2018.6期、1Q決算

http://tamojun51.com/archives/2030

今回は2018.9期、2Q決算について分析。

決算情報は決算短信より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 12,478 1,571 1,110
前決算② 11,362 1,705 1,180
業績予想③ 24,300 2,300 1,630
YoY 1,116 △ 134 △ 70
109.8% 92.1% 94.1%
③-① 11,822 729 520
進捗率 51.3% 68.3% 68.1%

 

【対前四半期累計】

増収(+1,116、109.8%)、減益(△134、92.1%)

営業利益率は15.0%⇒12.6%へと2.4%もダウンしてしまった。

人材サービス事業は+24.1%増と調子が良かった。

一方でランプ事業が足を引っ張る。赤字幅拡大。

【対業績予想】

進捗率。

売上、営業利益ともに、予想数値を順調に消化中。

営業利益率は9.5%を見込んでおり、+3.1%という好成績。

全然悪くはない決算。というか良い決算。

 

営業CF

営業CF マージン
当期 -326 -2.61%
前期 233 2.05%
増減 -559 -4.66%

 

営業CFは残念ながら赤字転落。

△559、マージンも△4.66%となってしまった。

主な増減内訳は以下の通り。

・売上債権の増加による減少→△1,923

・棚卸資産の減少による増加→+2,202

・仕入債務の減少による減少→△390

・前受金の減少による減少→△464

残り半期で運転資本を改善し、営業CFは黒字に戻してもらいたい。

もっと言うなら、マージンも10%に乗せられるととても良いでしょう。

 

セグメント情報

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
ランプ事業 1,583 △ 16 12.7%
製造装置事業 8,404 1,712 67.4%
人材サービス事業 2,491 116 20.0%
調整 △ 241 0.0%

 

セグメント情報。ランプ事業は赤字。

赤字幅は大きくなる一方。。撤退しちゃダメなんかな?と経営素人的には思わなくもない。

一方で、製造装置事業は良い商売をしている。利益率20.4%と高い。

生命線の主業である。

利益率が良くなりつつある人材サービス事業。利益率4.7%

しかし随分毛色の違う事業ではあり、事業間シナジーはあるのだろうか?という疑問もないではない。

 

決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 2,300
有利子負債 当決算期末残高 841
現金預金 当決算期末残高 3,212
株主資本 当決算期末残高 11,801
当期純利益 業績予測 1,630
総資産 当決算期末残高 17,327
発行済み株式数 当決算期末残高 18.098
支払利息 業績予測 12
非資金的費用 業績予測 248
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 90
BPS 純資産÷発行済み株式数 652
株価 直近株価 775
予想配当金額 決算短信 30.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 542.946
時価総額 株価×発行済み株式数 14,026

 

総資産173億円。株主資本118億円。自己資本比率68.1%

有利子負債8.4億円。D/Eレシオは0.07倍。

流動資産142億円。流動負債49億円。流動比率286.4%

ネットキャッシュは+23億円。対総資産比率は13.7%となかなかのキャッシュリッチ。

時価総額は140億円。まだまだのサイズ感。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 13.81%
ROA 総資本利益率 9.41%
PER 株価収益率 8.60
PBR 株価純資産倍率 1.19
ROIC 投下資本利益率 11.71%
WACC 加重平均資本コスト 4.36%
EBITDA 減価償却前営業利益 2,548
FCF Free cash Flow 970
EV 企業価値 11,655
予想利回り 3.87%
配当性向 33.31%

 

ROE,ROA,ROIC

意外と言っては失礼だが、とてもバランスが取れている良いスコア。

特にROICのスコアには目を見張る。

グレアム指数は10.2倍と安い。PBRは1.19倍。まあ安い方。

EV/EBITDAは4.6倍。安い。

FCFマージンは4.0%と少し寂しいスコア。

売上債権の増加による減少が、△17億円あるのが痛い。

配当利回りはかなり良い。配当性向も。

 

総括

総括するに、良い銘柄なんではないかと感じました。

業績予想の進捗率も良い。営業利益率、ROE,ROA,ROICも良い。

それにしては現状割安と評価していいでしょう。

唯一難点を挙げるなら、営業CFが赤字ということか。

売上債権がかなり大きくなっているのは、少し気がかりです。

逆に言うと、営業CFが黒転して、マージン10%とか超えてくると、かなり魅力的な銘柄なんではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です