【東プレ】2018.9(2Q決算)

関連過去記事。

★東プレ、2017.3期、本決算

http://tamojun51.com/archives/841

★東プレ

http://tamojun51.com/archives/157

今回は2018.9期、2Q決算について分析。

決算情報は決算短信より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 98,046 10,726 8,877
前決算② 90,682 11,325 8,804
業績予想③ 200,000 23,000 16,000
YoY 7,364 △ 599 73
108.1% 94.7% 100.8%
③-① 101,954 12,274 7,123
進捗率 49.0% 46.6% 55.5%

 

【対前四半期累計】

増収(+7,364、108.1%)、減益(△599、94.7%)

営業利益率は12.5%⇒10.9%へと△1.6%ダウンしてしまった。

海外拠点の貢献で増収はしたが、国内自動車用プレス部品の海外向け車種の減少や冷凍車部門の売上減少などが響き、減益。

【対業績予想】

進捗率。

売上はいま一歩といったところ。営業利益は3.4%足りていない。

最終利益は順調に消化中。

残り半期において挽回を期待したい。

営業利益率は11.5%を見込んでおり、△0.6%足りていない。

 

営業CF

営業CF マージン
当期 13,249 13.51%
前期 12,867 14.19%
増減 382 -0.68%

 

営業CFの対前期比較では、+382を達成。

しかし売上のマージンでは、むしろ△0.68%となっている。

増加額は382になので、そこまで劇的な変化はない。

敢えて、主要な増減の内訳を下記すると。

・仕入債務の減少が△3,941

・減価償却費が+1,088

そして他の項目で増減があって、+382という結果。

+で着地できたのは良かったし、売上に対してのマージンも大きいと思います。

 

セグメント情報

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
プレス関連製品 68,048 7,005 69.4%
定温物流関連 25,026 3,104 25.5%
その他 4,971 616 5.1%

 

主力のプレス関連製品。利益率が10.3%

定温物流関連は、12.4%

どちらも利益率は悪くない、というか良い。

ただ上でも書いたように、低温物流関連は売上が△1,409、利益が△873で、少し伸び悩んだ。

定温物流のブレイクに期待。

 

決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 23,000
有利子負債 当決算期末残高 7,433
現金預金 当決算期末残高 24,461
株主資本 当決算期末残高 138,522
当期純利益 業績予測 16,000
総資産 当決算期末残高 228,786
発行済み株式数 当決算期末残高 52.481
支払利息 業績予測 122
非資金的費用 業績予測 13,756
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 305
BPS 純資産÷発行済み株式数 2,639
株価 直近株価 2,260
予想配当金額 決算短信 60.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 3,148.856
時価総額 株価×発行済み株式数 118,607

 

総資産2,287億円。株主資本1,385億円。自己資本比率60.5%

有利子負債74億円。D/Eレシオは0.05倍。

流動資産966億円。流動負債608億円。流動比率は159.0%

ネットキャッシュは+210億円。対総資産比率9.2%

財務状態とても良い。

時価総額が1,186億円。もっと評価されていても良い会社かもしれない。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 11.55%
ROA 総資本利益率 6.99%
PER 株価収益率 7.41
PBR 株価純資産倍率 0.86
ROIC 投下資本利益率 10.14%
WACC 加重平均資本コスト 2.21%
EBITDA 減価償却前営業利益 36,756
FCF Free cash Flow 9,005
EV 企業価値 101,579
予想利回り 2.65%
配当性向 19.68%

 

ROE,ROA,ROICのスコア良い。特にROE,ROICは二けたいっている。

グレアム指数は6.3倍。安い。PBRは0.86倍。安すぎるのでは。

EV/EBITDAは2.8倍。こちらもまた安い。

FCFマージンは4.5%と利益率の割にはちょっと物足りないか。

売掛債権の増加分が△38億円、棚卸資産の増加分が△14億円と足を引っ張った。

配当利回りもそこそこ良い。良い銘柄と思うが。

 

総括

市況が悪いのか、結構安く放置されているのではないかと疑っています。

定温物流関連が少し細ってきたのは懸念と呼べるかもしれませんが、営業利益率,ROE,ROA,ROIC,EV/EBITDAなどのスコアを見ていると、もっと評価されていい企業なのではないかと感じます。

たとえ、自動車用プレス部品や空調機器、電子機器の未来を多少悲観し、それを織り込んでいるにしても、少し安すぎなのではないでしょうか。

グレアム指数は、PBRともに安すぎます。

財務状態も健全ですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です