【イソライト工業】2018.9(2Q決算)

セラミックファイバー大手。

アジアで生産拡大。建材を育成。品川リフラクトリーズと連携強化。

今回は2018.9期、2Q決算について分析。

決算情報は決算短信より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 8,381 1,425 1,020
前決算② 8,199 1,695 1,230
業績予想③ 16,600 2,800 1,800
YoY 182 △ 270 △ 210
102.2% 84.1% 82.9%
③-① 8,219 1,375 780
進捗率 50.5% 50.9% 56.7%

 

【対前四半期累計】

増収(+182、102.2%)、減益(△270、84.1%)

増収はしたけど減益。

営業利益率は20.7%から17.0%へと△3.7%も大幅ダウン。

それでもかなり高い営業利益率ではあるが。

原燃料や人件費、輸送費などのコスト上昇による影響が大きい。

【対業績予想】

進捗率。

かなり順調な消化具合。

売上も営業利益もほぼ計画通り。というか計画を超過達成中。

業績予想の営業利益率は16.9%なので、+0.1%で推移している。

目標はしっかり補足。財務能力に対して好感を抱かせる。

 

決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 2,800
有利子負債 当決算期末残高 2,193
現金預金 当決算期末残高 3,141
株主資本 当決算期末残高 11,850
当期純利益 業績予測 1,800
総資産 当決算期末残高 19,087
発行済み株式数 当決算期末残高 23.551
支払利息 業績予測 22
非資金的費用 業績予測 400
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 76
BPS 純資産÷発行済み株式数 503
株価 直近株価 509
予想配当金額 決算短信 10.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 235.511
時価総額 株価×発行済み株式数 11,988

 

総資産190億円。株主資本118億円。自己資本比率62.1%

有利子負債21億円。D/Eレシオは0.19倍。

流動資産115億円。流動負債は43億円。流動比率は266.8%

ネットキャッシュは+948で、対総資産比率は5.0%

とてもバランスの良い財務状態と思います。

借金もちょうどよいサイズ。ネットキャッシュもしっかり。

財務状況には全く問題が見当たらない。

時価総額が119億円。もっと評価されてもいい会社なのではないかというのが印象です。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 15.19%
ROA 総資本利益率 9.43%
PER 株価収益率 6.66
PBR 株価純資産倍率 1.01
ROIC 投下資本利益率 12.83%
WACC 加重平均資本コスト 1.78%
EBITDA 減価償却前営業利益 3,200
FCF Free cash Flow 2,043
EV 企業価値 11,040
予想利回り 1.96%
配当性向 13.08%

 

パッと見驚くくらい、ROE,ROA,ROICのスコアが良い。

これはやはり利益率の高さによるところが大きい。

グレアム指数は6.7倍とかなり安い。PBRは1.01倍とこちらもかなり安い。

EV/EBITDAは3.4倍。これもまたかなり割安なプライシングです。

FCFマージンは12.3%とこちらもかなり良い。

投資CFは加味前の数字ですが。

配当利回りもそこそこ。

良い銘柄なんではないでしょうか。

 

総括

ROE,ROA,ROIC、そして営業利益率やEV/EBITDAのスコアがとても良い。安い。

加えて、財務状況もかなり健康。

そんな株が、PBR1.01倍くらいの水準で放置されているのが、むしろ不思議なくらいです。

派手な目立つ銘柄ではないのでしょうが、しっかり稼いでいる印象。

お買い得だと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です