【イソライト工業】2018.6(1Q決算)

セラミックファイバー大手。

アジアで生産拡大。建材を育成。品川リフラクトリーズと連携強化。

RCF(リフラクトリーセラミックファイバー)などの作業環境規制対策品や工業炉向け耐断熱れんが、機能性セラミックス製品、環境緑化製品、建設関連資材等々。

今回は2018.6期、1Q決算について分析。

決算情報は決算短信より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 4,079 666 466
前決算② 3,936 749 552
業績予想③ 16,600 2,800 1,800
YoY 143 △ 83 △ 86
103.6% 88.9% 84.4%
③-① 12,521 2,134 1,334
進捗率 24.6% 23.8% 25.9%

 

【対前四半期】

増収(+143、103.6%)、減益(△83、88.9%)

増収したが減益してしまった。

営業利益率は19.0%から16.3%へと△2.7%下落。

ただそうは言っても、営業利益率16.3%はかなり優秀な数字。

【対業績予想】

進捗率。

売上も営業利益もショートしている。

1Qだから多少やむを得ないところもあるのか。

営業利益率は16.9%を見込んでおり、0.6%足りていない。

2Q以降で十分挽回は可能な数字です。

 

決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 2,800
有利子負債 当決算期末残高 2,395
現金預金 当決算期末残高 2,781
株主資本 当決算期末残高 11,296
当期純利益 業績予測 1,800
総資産 当決算期末残高 18,664
発行済み株式数 当決算期末残高 23.551
支払利息 業績予測 20
非資金的費用 業績予測 432
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 76
BPS 純資産÷発行済み株式数 480
株価 直近株価 478
予想配当金額 決算短信 10.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 235.511
時価総額 株価×発行済み株式数 11,257

 

総資産186億円。株主資本112億円。自己資本比率60.5%

有利子負債23億円。D/Eレシオが0.21倍。

流動資産113億円。流動負債43億円。流動比率259.7%

ネットキャッシュは+3.8億円。対総資産比率2.1%

財務状況もきちんと安定している。

時価総額は112億円とサイズ感はまだまだ。

割安にミスプライスされているように感じます。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 15.93%
ROA 総資本利益率 9.64%
PER 株価収益率 6.25
PBR 株価純資産倍率 1.00
ROIC 投下資本利益率 13.16%
WACC 加重平均資本コスト 1.81%
EBITDA 減価償却前営業利益 3,232
FCF Free cash Flow 2,117
EV 企業価値 10,871
予想利回り 2.09%
配当性向 13.08%

 

ROE,ROA,ROICのスコアも上記のようにとても良い。

経営効率がとても良い。無駄なのれんなども一切計上されていない。

グレアム指数は6.2倍と超割安。PBRはジャスト1倍。

EV/EBITDAは3.4倍とこちらもとても安い。

PEGレシオは営業利益がマイナス成長なので測定不能だが。

FCFマージンは投資CF加味前ではあるが、12.8%とこちらも良いスコア。

配当利回りもなかなか良い。

 

総括

隠れた優良銘柄なのではないだろうか?と感じています。

特に、最近の世界的な金融不安によって、かなり休めにミスプライスされているのではないでしょうか。

ROE,ROA,ROIC,営業利益率やEV/EBITDA,FCFなどのスコアはとてもPBR1倍台の企業の成績とは思えません。

資金に余裕があるならば、こういう隠れた有力銘柄を買い増す、今はビッグバーゲンセール期間中なのかもしれないと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です