【オーハシテクニカ】2018.6(1Q決算)

自動車部品を手掛ける独立系メーカー。

携帯電話用部品も。国内子会社をマザー工場として開発。

今回は2018.6期、1Q決算について分析。

決算情報は会社決算短信より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 10,003 1,082 806
前決算② 9,508 1,025 666
業績予想③ 40,000 4,250 2,700
YoY 495 57 140
105.2% 105.6% 121.0%
③-① 29,997 3,168 1,894
進捗率 25.0% 25.5% 29.9%

 

【対前四半期】

増収(+495、105.2%)、増益(+57、105.6%)

5%、決して派手な成長ではないが、着実。

営業利益率は10.8%で変わらず。でもとても良い営業利益率。

【対業績予想】

進捗率。

売上、営業利益ともに超過達成。

順調な消化具合。

業績予想の営業利益率は10.6%なので、こちらもクリアしている。

ここまで業績予想通りの実績は少し珍しいくらいか。

財務能力の高さが表れていると考えることもできる。

 

セグメント情報

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
日本 5,430 484 54.3%
米州 2,090 233 20.9%
中国 1,137 191 11.4%
アセアン 772 137 7.7%
欧州 571 45 5.7%
台湾 13 0.0%
調整 △ 22 0.0%

 

地域セグメント。

自動車工場は国内に多い。売上構成比トップは当然のように日本。54.3%

セグメント利益率は8.9%と意外にも全体の営業利益率に劣後している。

それではどの地域セグメントで営業利益率を稼いでいるのかと言えば、

米州(11.1%)、中国(16.8%)、アセアン(17.7%)

この3地域が強い。売上の構成比も40.0%と高い。

欧州の利益率はやはり落ちる。7.9%

他地域との相対的に高い、関税障壁のせいでしょう。

★日産自動車、2018.6期、1Q決算

http://tamojun51.com/archives/1976

実は世界で一番の保護貿易を行っているのは、EUだったりする。

 

決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 4,250
有利子負債 当決算期末残高 0
現金預金 当決算期末残高 18,170
株主資本 当決算期末残高 27,560
当期純利益 業績予測 2,700
総資産 当決算期末残高 40,116
発行済み株式数 当決算期末残高 14.867
支払利息 業績予測 0
非資金的費用 業績予測 823
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 182
BPS 純資産÷発行済み株式数 1,854
株価 直近株価 1,744
予想配当金額 決算短信 46.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 683.896
時価総額 株価×発行済み株式数 25,929

 

総資産401億円。株主資本275億円。自己資本比率68.7%

有利子負債はなし。

流動資産316億円。流動負債102億円。流動比率307.9%

ネットキャッシュは+181億円で対総資産比率は45.3%と驚くほどキャッシュリッチ。

財政状態についてはケチのつけようがない。

時価総額は259億円とまだまだ小さいサイズ。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 9.80%
ROA 総資本利益率 6.73%
PER 株価収益率 9.60
PBR 株価純資産倍率 0.94
ROIC 投下資本利益率 9.92%
WACC 加重平均資本コスト 2.48%
EBITDA 減価償却前営業利益 5,073
FCF Free cash Flow 3,737
EV 企業価値 7,759
予想利回り 2.64%
配当性向 25.33%

 

ROE,ROA,ROIC,

これらのスコアも派手さはないが、とても良いスコア。バランスが取れている。

特にROICがなかなか良い線いっている。

グレアム指数は9.0倍と安い。

EV/EBITDAは1.5倍とこちらも安い。

PEGレシオは9.1倍と割安圏と言って良い。

FCFマージンは9.3%とそこそこ。

配当利回り、配当性向も悪くない。

 

総括

とても良い会社なんではないかと思いました。

経営スコアも財務状況も文句のつけようがない感じです。

確かに派手さはないですが、その分堅実なのではないでしょうか。

やはり日本の自動車産業の裾野は広いと再確認した銘柄。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です