【明豊エンタープライズ】2018.4(3Q決算)

明豊エンタープライズ過去エントリ。

★2018.1期、2Q決算

http://tamojun51.com/archives/1749

★2017.10期、1Q決算

http://tamojun51.com/archives/1553

★増配リリース。

http://pdf.irpocket.com/C8927/N62G/vVpw/vXEZ.pdf

今回は2018.4期、3Q決算について分析。

決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 11,531 2,537 1,998
前決算② 5,027 452 312
業績予想③ 15,100 2,470 1,850
YoY 6,504 2,085 1,686
229.4% 561.3% 640.4%
③-① 3,569 +67超過 +148超過
進捗率 76.4% 102.7% 108.0%

 

【対前四半期累計】

増収(+6,504、229.4%)、増益(+2,085、561.3%)

恐るべき成長率でしょう。特に営業利益率がすごいことになっている。

営業利益率は22.0%という驚異的な数値。

対前四半期累計+13.0%のジャンプアップです。

【対業績予想】

進捗率。

売上は76.4%と順調。

営業利益は102.7%、最終利益は108.0%と既に、目標達成してしまっています。

上方修正を出すべきレベルの大躍進でしょう。

業績予想の営業利益率は16.4%で、現状+5.6%と強い。

 

当四半期末時点の決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 2,470
有利子負債 当決算期末残高 4,886
現金預金 当決算期末残高 1,711
株主資本 当決算期末残高 4,547
当期純利益 業績予測 1,850
総資産 当決算期末残高 10,652
発行済み株式数 当決算期末残高 24.158
支払利息 業績予測 107
非資金的費用 業績予測 4
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 77
BPS 純資産÷発行済み株式数 188
株価 直近株価 737
予想配当金額 決算短信 8.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 193.267
時価総額 株価×発行済み株式数 17,805

 

総資産106億円。株主資本45億円。自己資本比率は42.7%

有利子負債は48億円。D/Eレシオは1.07倍。

流動資産78億円。流動負債41億円。流動比率は189.9%

ネットキャッシュは△31億円の赤字。

好成績を収めているだけはあり、財務内容は結構イケイケですね。

時価総額は178億円。

まだまだかなり小さい。成長余地は大きいでしょう。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 40.69%
ROA 総資本利益率 17.37%
PER 株価収益率 9.62
PBR 株価純資産倍率 3.92
ROIC 投下資本利益率 16.85%
WACC 加重平均資本コスト 2.78%
EBITDA 減価償却前営業利益 2,474
FCF Free cash Flow 1,464
EV 企業価値 20,980
予想利回り 1.09%
配当性向 10.45%

 

ROE,ROA,ROICがかなり高い。特にROEは凄いことになっている。

そして、最終利益は、この業績予想を大きく上回るでしょうから、ROEはこんなものでは済まないでしょう。

50-60%まで行くのではないでしょうか。

グレアム指数は37.7倍と実はそんなに割高ではない。

加えて、EV/EBITDAは8.5倍とこちらは割安と言えるでしょう。

PEGレシオは1.71倍でかなり割安。成長率がとてつもないことになっている。

FCFマージンは9.7%、まあそこそこ。

配当利回りは1.09%で配当性向が10.45%と配当はそこまで高くはない。

配当にカネ使うくらいなら、事業投資した方が良い経営状態ではあるし、カネが余っているなら、何度も言っているように、自己株買いしてくれればよいでしょう。

 

総括

かなり良い決算だと思われます。

ROE,ROA,ROICのスコアはかなり良い。特にROEが良い。

財務状況に関しては、借金は多い。エンジンを回したい時期なのでしょうから、更なる成長を予感させるとも言えます。

そして、これだけの成長率を維持しているにも関わらず、株価が安い。

なぜなのか分かりませんが、かなり割安に放置されている銘柄だと感じています。

人口減少とは言え、都市部はまだまだ人口が増えていますから、都市部マンションは当面は儲かるでしょう。

個人的には、業績予想の上方修正をしても良かったんでは、とも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です