【クックパッド】2018.3(1Q決算)

クックパッド過去エントリ。

★2017.12期、本決算

http://tamojun51.com/archives/1660

★2017.9期、3Q決算

http://tamojun51.com/archives/1419

★2017.6期、2Q決算

http://tamojun51.com/archives/1130

★2017.3期、1Q決算

http://tamojun51.com/archives/839

今回は2018.3期、1Q決算について分析。

決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 2,974 831 299
前決算② 3,660 1,972 1,517
YoY △ 686 △ 1,141 △ 1,218
81.3% 42.1% 19.7%

 

対前四半期減収(△686、81.3%)、減益(△1,141、42.1%)

ガクンと減収減益。とりわけ、営業利益のダウンが酷い。

営業利益率は53.9%から27.9%へとなんと26%ものダウン。

恐るべき落ち方です。

原因としては、

・利用者数の減少による、会員事業、広告事業の減収。

・人件費や業務委託費の増加。

・料理動画スタジオの地代家賃の増加。

等々が悪影響。

まあ、現状は種まきをしているというフェーズなんでしょうか。

※会社公表の業績予想はありません。

 

当四半期決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 3,324
有利子負債 当決算期末残高 0
現金預金 当決算期末残高 19,396
株主資本 当決算期末残高 22,896
当期純利益 業績予測 1,196
総資産 当決算期末残高 24,642
発行済み株式数 当決算期末残高 107.391
支払利息 業績予測 0
非資金的費用 業績予測 52
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 11
BPS 純資産÷発行済み株式数 213
株価 直近株価 556
予想配当金額 決算短信 8.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 859.131
時価総額 株価×発行済み株式数 59,710

 

総資産24,642、株主資本22,896、自己資本比率92.9%とかなり高い。

有利子負債はなし。

流動資産21,828、流動負債1,316、流動比率1658.7%とすごい高い。

ネットキャッシュは+193億円で対総資産比率が78.7%

つまり、総資産のほとんどがカネ、ということです。

こんなにカネがいっぱいあるなら、自社株買いでもしてくれよ、って感じなんですけどね。

時価総額は597億円。年々減少していっています。

ただ、ご覧の通り、財務的にはかなり優れている。

カネの心配はしなくてもいい会社です。

※見込みの営業利益や最終利益は当決算の実績値に×4をして求めています。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 5.22%
ROA 総資本利益率 4.85%
PER 株価収益率 49.92
PBR 株価純資産倍率 2.61
ROIC 投下資本利益率 9.34%
WACC 加重平均資本コスト 3.75%
EBITDA 減価償却前営業利益 3,376
FCF Free cash Flow 2,130
EV 企業価値 40,314
予想利回り 1.44%
配当性向 71.83%

 

ROE,ROAは低いか。ただROICのスコアだけはまあまあ良い。

グレアム指数は130.2倍。割高だけど少し落ち着いてきたか。

EV/EBITDAは11.9倍とこちらも落ち着いてきた。まだ割高だとは思うが。

PEGレシオはマイナス成長なので測定不能。

FCFマージンは17.9%とかなり高い。

営業利益率が高いからです。

配当利回りはそこそこだが、配当性向がとてつもなく高い。

ただまあ、カネはあるので。自社株買いとかして欲しいですけど。

 

総括

財務状態はかなり良い。

自己資本比率・流動比率・ネットキャッシュはとてつもない高さである。

ゆえに財務状態にはケチのつけようがない。

問題は経営効率でしょうか。

営業利益率27.9%とかなり高いですが、53.9%叩きだしていた前四半期と比べると見劣りするのは確かでしょう。

会社の説明では、まだまだ先行投資という考え方のようですが、この料理動画事業ってそんなに儲かるのかは甚だ疑問。

私なんかはテキストベースのままでいいんじゃないの?とか思ってしまうのですが。

料理動画は労多くして益少なし。私的には、何がいいのか分かりません。

ただAmazonとの協業なんかはいい線いってると思う。

★クックパッド、プレミアムサービス会員向けの新機能を提供開始!Amazonフレッシュと連携し、献立の決定から食材購入までをトータルサポート

https://info.cookpad.com/pr/news/press_2018_0419

こういう求心力のある便利なサービスを追求して、プレミアム会員を増やしていく努力を地道にしていくしかないでしょう。

なんなら、時価総額が600億円を切った今、Amazonみたいな経営の上手い外資に買収されるというのも魅力的なプランかもしれません。

Amazon、いっそ買収とかしてくれないもんでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です