【東日本旅客鉄道】2018.3(本決算)

東日本旅客鉄道過去エントリ。

★2017.12期、3Q決算

http://tamojun51.com/archives/1637

★2017.9期、2Q決算

http://tamojun51.com/archives/1391

★2017.6期、1Q決算

http://tamojun51.com/archives/1159

★2017.3期、本決算

http://tamojun51.com/archives/917

今回は2018.3期、本決算について分析。

決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 2,950,156 481,295 288,957
前決算② 2,880,802 466,309 277,925
2017業績予想③ 2,930,000 472,000 286,000
2018業績予想④ 2,994,000 482,000 289,000
①-② 69,354 14,986 11,032
成長率 102.4% 103.2% 104.0%
①-③ 20,156 9,295 2,957
達成率 100.7% 102.0% 101.0%
④-① 43,844 705 43
成長率 101.5% 100.1% 100.0%

 

【対前期】

増収(+69,354、102.4%)、増益(+14,986、103.2%)

東海旅客鉄道http://tamojun51.com/archives/1854と似たような成長率。

これだけの成熟企業が未だに成長し続けている。

資本集約型・規制産業の強みがここにあります。

営業利益率は16.2%から16.3%へ0.1%アップ。

東海の36.3%に比べれば可愛いものですが、それでも高い営業利益率です。

見えない税金のようなものでしょう。

【対業績予想】

増収(+20,156、100.7%)、増益(+9,295、102.0%)

ほぼ業績予想通りの着地です。

東海旅客鉄道と比べたら、財務能力は東日本の方が上のようです。

業績予想の営業利益率は16.1%で、0.2%上回っています。

【対次年度業績予想】

増収(+43,844、101.5%)、増益(+705、100.1%)

微増収微増益。確かにこれくらいの数字で着地しそうな感じはします。

営業利益率は16.1%を見込み、前期の業績予想と同程度です。

 

セグメント情報

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
運輸業 2,017,876 340,412 68.4%
流通業 514,962 38,998 17.5%
不動産業 340,144 80,986 11.5%
その他 77,172 22,588 2.6%
調整 △ 1,690 0.0%

 

運輸業構成比は68.4%と当然大部分を占める。利益率は16.9%

流通業の利益率は7.6%と東海と同様高くはない。

つまり、ただ単に、どんな人間が経営者でも、東海や東日本の収益や利益は良い。

実際に、運輸業以外での利益率はこんなもんなわけですから。

駅回りのアドヴァンテージを活かしても、この程度の利益率なのです。

規制に守られないと何もできない経営者とホワイトカラー。

現業の人はともかく、背広組が明日いなくなっても大して困らないでしょう。

不動産業はの利益率は高い。23.8%

つまり、資本集約型・規制依存型のほとんど役所みたいな組織ということですね。

 

当決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 決算短信 481,295
有利子負債 当決算期末残高 3,190,523
現金預金 当決算期末残高 255,102
株主資本 当決算期末残高 2,787,347
当期純利益 決算短信 288,957
総資産 当決算期末残高 8,147,676
発行済み株式数 当決算期末残高 385.689
支払利息 決算短信 64,733
減価償却費 決算短信 376,334
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 749
BPS 純資産÷発行済み株式数 7,227
株価(円) 直近株価 10,495
配当金額 決算短信 140
配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 53,996.411
時価総額 株価×発行済み株式数 4,047,802

 

総資産8,147,676、株主資本2,787,347、自己資本比率34.2%

有利子負債3,190,523、D/Eレシオが1.14倍と高い。

流動資産1,003,376、流動負債1,434,356、流動比率70.0%

ネットキャッシュは△2.8兆円の大赤字。

時価総額は4兆円。

財務的にはどう見ても良くない。

 

当決算から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 10.37%
ROA 総資本利益率 3.55%
PER 株価収益率 14.01
PBR 株価純資産倍率 1.45
ROIC 投下資本利益率 5.18%
WACC 加重平均資本コスト 1.60%
EBITDA 減価償却前営業利益 857,629
FCF Free cash Flow 144,824
EV 企業価値 6,983,223
配当利回り 1.33%
配当性向 18.69%

 

ROEは悪くはないが、ROA,ROICは全然良くない。

グレアム指数は20.34倍と決して成熟企業としては割安ではない。

EV/EBITDAは8.14倍で割安だが。

PEGレシオは13.57倍。単にPER(期待度)が低い。

FCFマージンは4.91%と低い。営業利益率は高いのに、FCFは低い。

東海と同様、経営能力は低い。そりゃジジイばっかりですから。

上意下達で下の人間に「気の使い方」とかをレクチャーすることを教育とかのたまわっている時代遅れの企業です。

配当利回り、配当性向も特段良いわけでもない。

 

次年度業績予想から計算する経営指標

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 決算短信 472,000
当期純利益 決算短信 286,000
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 742
予想配当金額 決算短信 150
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 57,853.297

 

上の次年度業績予想のスコアを入力して、再度経営指標を計算します。

その結果がこちら。

各指標
ROE 自己資本利益率 10.26%
ROA 総資本利益率 3.51%
PER 株価収益率 14.15
ROIC 投下資本利益率 5.08%
EBITDA 減価償却前営業利益 848,334
FCF Free cash Flow 680,113
EV 企業価値 6,983,223
配当利回り 1.43%
配当性向 20.23%

 

まあほとんど変わりませんね。

ROE,ROA,ROICは取り立てて良いわけではない。成熟企業のそれ。

グレアム指数、EV/EBITDA、PEGレシオを見ても、べらぼうに安いとは感じません。

FCFマージンは23.21%で高い。営業利益率が高いので。

配当利回りと配当性向も似たようなもん。

規制が撤廃されて競合が現れたらすぐに駆逐される企業です。

交通インフラなので、その可能性はほぼないですが。

 

総括

東海旅客鉄道http://tamojun51.com/archives/1854とそっくりです。

もう劇的な成長は当然しません。面白くはない。

あと経営効率が良いわけではない。特に経営能力が高いわけでもありません。

東海にも東日本にも言えることですが、まあ余計なことはしないで、不要な経営者とかホワイトカラーとかをリストラして、大胆に運賃を下げることです。

それが全体最適ですし、何よりも経済に好影響です。

そもそもビジネスセンスがあれば、電車の経営なんてしていませんし、そんな企業に入社することもないのです。

つまりセンスはないのだから、ただ安全に、定刻通りに電車を走らせることに集中したらいいのです。

(後はホームドア設置http://tamojun51.com/archives/776

なのになぜか欲を出して、東海も東日本も、誰も読まないようなクソ雑誌を出版したり、流通業に手を出したりしています。

そんなのは他にセンスのある会社がやればいいことなので、センスのない電車企業はただ増えすぎたホワイトカラーを切って、運賃を安くする。これに尽きます。

とにかく余計なことはしないのが一番なのだと自覚して欲しい企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です