【FPG】2018.3(2Q決算)

FPG過去エントリ。

★2017.12期、1Q決算

http://tamojun51.com/archives/1628

★2017.9期、本決算

http://tamojun51.com/archives/1399

★2017.6期、3Q決算

http://tamojun51.com/archives/1317

今回は2018.3期、2Q決算について分析。

決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 11,028 6,550 4,355
前決算② 12,136 8,262 5,843
業績予想③ 23,701 14,753 10,313
YoY △ 1,108 △ 1,712 △ 1,488
90.9% 79.3% 74.5%
③-① 12,673 8,203 5,958
進捗率 46.5% 44.4% 42.2%

 

【対前四半期累計】

減収(△1,108、90.9%)、減益(△1,712、79.3%)

そこそこに減収減益している。特に営業利益の落ち込みは21.7%とちと大きいか。

営業利益率は68.1%から59.4%へと8.7%もダウンしてしまった。

ただ59.4%という営業利益率も十分化け物みたいな利益率ではあるのだが。

【対業績予想】

売上、営業利益、最終利益共に、進捗率はショートしている。

後半半年で、盛り返していけるのかは注目です。

業績予想の営業利益率は62.2%で、現状2.8%足りていない状況。

 

セグメント情報

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
FPG 9,994 5,950 90.6%
FPG証券 102 △ 46 0.9%
その他 931 320 8.4%
調整 37 0.0%

 

構成比のほとんど(90.6%)を占めるFPGオペリース事業。

利益率も59.5%と高い。

逆に証券事業は赤字ですね。

証券事業が黒字化していけば、業績予想のクリアも見えてくる。

リースの利益率も再度60%の大台に乗せたいところです。

 

当四半期決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 14,753
有利子負債 当決算期末残高 35,642
現金預金 当決算期末残高 14,331
株主資本 当決算期末残高 24,679
当期純利益 業績予測 10,313
総資産 当決算期末残高 74,871
発行済み株式数 当決算期末残高 90.122
支払利息 業績予測 692
非資金的費用 業績予測 267
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 114
BPS 純資産÷発行済み株式数 274
株価 直近株価 1,397
予想配当金額 決算短信 49.3
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 4,438.491
時価総額 株価×発行済み株式数 125,900

 

総資産74,871、株主資本24,679、自己資本比率33.0%

有利子負債35,642、D/Eレシオは1.44倍とお高め。

流動資産71,162、流動負債38,959、流動比率182.7%

ネットキャッシュは△21,311の赤字です。

財政状態はあまりよろしくない。

時価総額は1,259億円。1,000億円超えている。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 41.79%
ROA 総資本利益率 13.77%
PER 株価収益率 12.21
PBR 株価純資産倍率 5.10
ROIC 投下資本利益率 15.74%
WACC 加重平均資本コスト 8.10%
EBITDA 減価償却前営業利益 15,020
FCF Free cash Flow 21,532
EV 企業価値 147,211
予想利回り 3.53%
配当性向 43.04%

 

自己資本比率が低いため、ROEのスコアがかなりすごい。

ROA,ROICも良いスコア。特にROICは15%を超えているのが好感。

グレアム指数は62.3倍と少しお高め。

EV/EBITDAは9.8倍とギリギリ割安圏内です。

マイナス成長なので、PEGレシオは測定不能。

FCFマージンは脅威の90.8%

これは高い営業利益率もさることながら、棚卸資産が12,872も減少していたのも大きい。

そして配当利回りと配当性向が高い。

ストックのカネがあまりないように見えるのに、こんなに大盤振る舞いして良いのか。

 

総括

経営効率はかなり良いと思われます。

ROE,ROA,ROICのスコアは軒並みとても高い良いスコアでしょう。

しかし財政状態が良いとは言えない。

やっぱり借金が多い、自己資本比率が低い。

しかしその分、FCFがかなり高いので、カネ回りも同時に良いようですが。

まず何はともあれ、業績予想を消化してくれることですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です