【トランザクション】2018.2(2Q決算)

デザイン雑貨、エコ雑貨等の企画販売中堅。

ファブレス経営。電子たばこのVAPE事業を育成。

主力は一般雑貨とエコ雑貨の販売。

今回は2018.2期、2Q決算について分析。

決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 7,694 846 540
前決算② 6,460 710 438
業績予想③ 14,458 1,601 1,053
YoY 1,234 136 102
119.1% 119.2% 123.3%
③-① 6,764 755 513
進捗率 53.2% 52.8% 51.3%

 

対前四半期累計増収(+1,234、119.1%)、増益(+136、119.2%)

そこそこの成長率を堅持している。

営業利益率は11.0%で変わらず。営業利益率もそこそこに良い。

対業績予想では、全アイテムが軒並み超過達成中。

堅い。良い決算。と思う。

 

当四半期末時点の決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 1,601
有利子負債 当決算期末残高 563
現金預金 当決算期末残高 2,660
株主資本 当決算期末残高 6,980
当期純利益 業績予測 1,053
総資産 当決算期末残高 9,495
発行済み株式数 当決算期末残高 28.405
支払利息 業績予測 2
非資金的費用 業績予測 96
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 37
BPS 純資産÷発行済み株式数 246
株価 直近株価 988
予想配当金額 決算短信 12.0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 340.861
時価総額 株価×発行済み株式数 28,064

 

総資産9,495、株主資本6,980、自己資本比率73.5%

有利子負債563、D/Eレシオが0.08倍と低い。

流動資産7,518、流動負債2,528、流動比率398.8%

ネットキャッシュが+2,382、対総資産比率25.1%

キャッシュリッチ。

ご覧の通りのかなりの好財務。カネはある。

時価総額は33億円とかなり小さい会社ではある。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 15.09%
ROA 総資本利益率 11.09%
PER 株価収益率 26.65
PBR 株価純資産倍率 4.02
ROIC 投下資本利益率 13.66%
WACC 加重平均資本コスト 4.54%
EBITDA 減価償却前営業利益 1,697
FCF Free cash Flow -151
EV 企業価値 25,967
予想利回り 1.21%
配当性向 32.37%

 

ROE,ROA,ROICがなかなかの好スコア。

グレアム指数は割高。107.2倍。

EV/EBITDAは15.3倍とこちらも割高。

PEGレシオは22.37倍と割安感はない。

FCFマージンはなんと赤字なので測定不能。これはいけません。

カネがあるからいいのですが、投資がワークするかは厳しく監視していかないといけません。

配当利回りはそこまで良くはないが、配当性向はなかなか高い。

つまり株価が高いのです。

 

総括

ファンダメンタルズが良い。

財政状態が良いのは上述の通り。

カネは持っている。借金もかなり少ない。

そしてROE,ROA,ROICなどのスコアもなかなか良い。

FCF赤字なのが少し痛いが。

というわけで、ファンダメンタルズはあまりケチをつけるところは多くないという印象。

それゆえ、高い。

グレアム指数やEV/EBITDAも現在の株価は高いことを評価している。

420円くらいになったら買ってもいいかな、とは思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です