医療費改革を断行すべし。

アメリカでは医療費がべらぼうに高いです。
なぜなら、日本と違い、実質的に国民皆保険ではないからです。

オバマ大統領時代に、オバマケアという一応国民皆保険をしていましたが、これがかなり筋の悪い政策。

公的な健康保険を組成するのではなく、高額な民間の保険に入る事を国民に義務付けただけ。

国民は逆に高額な保険料に苦しめられ、保険会社は法律で守られ、競争はせずに保険料は高止まりしていました。

それゆえにトランプ大統領がオバマケアを廃止しようとしているのはかなり合理的なんです。
オバマのせいで国民は苦しめられたのです。

G7における総医療費の対GDP比ワースト順。

・アメリカ なんとGDP比18%が医療費。
・フランス
・ドイツ
・カナダ
・日本(10.07%)
・イギリス
・イタリア

こうして見ると日本の医療費は安い方。
なぜなら、若者が社会保険料をいっぱい給料から取られる事で医療費を賄っていますから。
いわば若者の搾取の構図です。

病院に行けば、3時間待たされて。
入院すれば大部屋が当たり前。
それゆえ病院は医師、看護師共に慢性的な人手不足です。

日本人は年間平均13.1回病院に行くそうです。
私は年間1回行くか行かないかくらいなので、まあ高齢者が平均回数を底上げしているわけです。
医療費が安いから、病院が井戸端会議の場と化している。
そしてその医療費を負担するために若者は多少の体の不調は誤魔化しながら長時間労働に耐えています。

日本は特に平均在院回数も桁違いに多い。
ゆえに病床も多いのだが、人手不足は深刻になる一方なのです。
看護師さんとかいつもめちゃ忙しそうにしてると思いませんか?
それゆえに本当に医療が必要な人に医療がいきわたっていない現状もあると思うんですよ。

人口1,000人あたりの医師の数です。

・日本   2.2人
・ドイツ  3.8人
・アメリカ 2.5人

しかも日本の人口の高齢化率が高い事は当然ですから、医師の人手不足は顕著なのです。

看護師は本当に少なくて、フランス、ドイツの半分。
アメリカの1/5しかいないのです。

病院は経営的・構造的に人を増やせない。
少ない人的リソースに負担が重くのしかかる。
医療現場の離職率が上がる、という悪循環があるわけです。

「良好な健康状態にある」と回答した人の割合です。

・アメリカ 89.5%
・カナダ  88.2%
・イギリス 77.5%
・フランス 67.6%
・ドイツ  64.8%
・イタリア 64.7%
・韓国   36.8%
・日本   30・0%

まあアメリカなんかは健康を過信しすぎじゃないか?とも思いますが、楽天的。

日本は酷いネガティヴなんです。自分を不健康と思い込みたい。
この精神性がしつこいデフレに影響しているでしょう。

ちなみにOECD平均は69%です。

また日本は薬漬け大国でもあります。
薬剤費が総医療費に占める割合(2012)

日本   20.8%
カナダ  17.1%
イタリア 16.0%
フランス 15.2%
ドイツ  13.9%
アメリカ 11.5%
イギリス 11.5%

特許切れ市場におけるジェネリック医薬品の普及が日本ではまだまだ遅れているというのも原因のひとつです。

医薬品の内にジェネリック医薬品が占めるシェアは以下の通り。

アメリカ 91.0%
ドイツ  82.0%
イギリス 73.0%
フランス 62.0%
日本   45.1%

出口治明先生によれば、新薬の特許が切れた薬をすべてジェネリック医薬品に切り替えれば、約1兆円くらいの医療費削減効果があると言います。
普及を推し進めるべきでしょう。
製薬業界からの反発は予想されますが。
アメリカなどはジェネリックが普及しすぎて、新薬の保護期間を延長するよう、製薬業界が政治家に抗議しているくらいなのですが。

書いてきたように、今の日本の国民皆保険はかなり恵まれています。
高齢者に。
しかし財政的にも人的リソースにしても若者を搾取して成り立っている制度なんて少しも健全ではない。

なので、少なくとも、高齢者の自己負担分の優遇はやめた方がいいと思料します。

現在の医療費では高齢者は下記のように優遇されています。
医療費を一番使う世代の負担が一番少ないのです。
・75歳以上    1割負担
・70~74歳以上 2割負担
・70歳未満    3割負担

アメリカのように10割負担せよと言っているわけではありません。
みんな平等に3割負担にすべきではないでしょうか?

そんなに無茶を言っている感じはしないのですが。
それでもまだ日本は問答無用の敬老原則を貫くのでしょうか?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です