【愛知電機】2017.12(3Q決算)

中部電力系の変圧器メーカー。

柱上変圧器に強み。モーター応用製品で多角化。IT分野強化。

今回は2017.12期、3Q決算について分析。

決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 56,241 4,179 3,085
前決算② 52,735 4,771 3,638
業績予想③ 76,600 5,250 3,900
YoY 3,506 △ 592 △ 553
106.6% 87.6% 84.8%
③-① 20,359 1,071 815
進捗率 73.4% 79.6% 79.1%

 

対前四半期累計増収(+3,506、106.6%)、減益(△592、87.6%)

増収なのに減益とはあまりよろしくない。

中大型変圧器や制御機器が前期は好調だったが、当期は振るわなかったということ。

営業利益率は9.0%から7.4%から1.6%も減退。これだけ見ると厳しいが。

対計画では、売上はショートしているが、営業利益と最終利益は計画超過。

計画の消化は順調か。

 

当四半期末時点における決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 5,250
有利子負債 当決算期末残高 8,063
現金預金 当決算期末残高 14,550
株主資本 当決算期末残高 48,175
当期純利益 業績予測 3,900
総資産 当決算期末残高 87,511
発行済み株式数 当決算期末残高 9.491
支払利息 業績予測 121
非資金的費用 業績予測 2,411
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 411
BPS 純資産÷発行済み株式数 5,076
株価 直近株価 3,370
予想配当金額 決算短信 80
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 759.286
時価総額 株価×発行済み株式数 31,985

 

総資産87,511、株主資本48,175、自己資本比率55.1%

有利子負債8,063、D/Eレシオは0.17倍と低い。

流動資産62,539、流動負債24,223、流動比率が258.2%

ネットキャッシュが+15,786で対総資産比率18.0%とキャッシュリッチ。

財政状態はとても良さそう。

時価総額は319億円。

 

業績予想から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 8.10%
ROA 総資本利益率 4.46%
PER 株価収益率 8.20
PBR 株価純資産倍率 0.66
ROIC 投下資本利益率 6.01%
WACC 加重平均資本コスト 1.49%
EBITDA 減価償却前営業利益 7,661
FCF Free cash Flow 5,404
EV 企業価値 25,498
予想利回り 2.37%
配当性向 19.47%

 

ROE,ROA,ROICは普通か。可もなく不可もなく。

グレアム指数は5.4倍と割安。

EV/EBITDAは3.3倍とこちらも割安。

PEGレシオはマイナス成長なので、測定不能。

FCFマージンは7.1%、可もなく不可もなく。

配当利回りはそこそこ良い。

しかしカネがあるなら、配当ではなく、自社株買いをしてくれたらいいでしょう。

 

総括

ROE,ROA,ROICなどのファンダメンタルズはまあ可もなく不可もなくといったところ。

決め手になるほど高くはないし、かと言ってディスるほど悪くもないだろう。

財政状態はかなり健全。

借金が少なく、ネットキャッシュが潤沢にある。

また、グレアム指数やEV/EBITDAなどもかなり割安値を示している。

インカムゲインの利回りも悪くないので、銀行預金にデッドストックを置いておくくらいなら、こういう株を買って寝かせておくのも一興なのかもしれない。

成長期待はわからない。が、簡単には潰れなさそうな事業だし、財務内容だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です