【インベスターズクラウド】2017.12(本決算)

インベスターズクラウド過去エントリ。

【2017.6期 2Q決算】

http://tamojun51.com/archives/1309

2018.1.1に1株→5株の株式分割を実行済み。

今回は2017.12期、本決算について分析。

決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 67,016 5,898 3,995
前決算② 37,915 3,806 2,354
業績予想③ 76,611 7,113 4,815
YoY 29,101 2,092 1,641
176.8% 155.0% 169.7%
③-① 9,595 1,215 820
YoY 114.3% 120.6% 120.5%

 

対前期増収(+29,101、176.8%)、増益(+2,092、155.0%)

大幅な成長でFINISH.良い決算のように見えます。

ただ営業利益率は10.0%から8.8%へと1.2ポイントもダウン。

利益率を維持したままの急成長はハンドリングが難しかったようです。

対業績予想は若干保守的なのだろうか。

売上114.3%、営業利益120.6%、最終利益120.5%

当期ができ過ぎの決算だったのかもしれません。

 

当決算期末時点における決算パラメタ

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 決算短信 5,898
有利子負債 当決算期末残高 5,010
現金預金 当決算期末残高 9,888
株主資本 当決算期末残高 9,462
当期純利益 決算短信 3,995
総資産 当決算期末残高 21,864
発行済み株式数 当決算期末残高 77.551
支払利息 決算短信 10
減価償却費 決算短信 192
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 52
BPS 純資産÷発行済み株式数 122
株価(円) 直近株価 2,050
配当金額 決算短信 45
配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 3,489.811
時価総額 株価×発行済み株式数 158,980

 

総資産21,864、株主資本9,462、自己資本比率43.3%

有利子負債5,010、D/Eレシオ0.53倍。

流動資産15,511、流動比率70.9%

ネットキャッシュは+4,878で対総資産比率が22.3%とキャッシュリッチ。

財務内容は問題ないように思えます。

時価総額が1,589億円。意外と大きい。

 

当決算から計算する経営指標

各指標
ROE 自己資本利益率 42.22%
ROA 総資本利益率 18.27%
PER 株価収益率 39.79
PBR 株価純資産倍率 16.80
ROIC 投下資本利益率 26.23%
WACC 加重平均資本コスト 24.16%
EBITDA 減価償却前営業利益 6,090
FCF Free cash Flow 147
EV 企業価値 154,102
配当利回り 2.20%
配当性向 87.35%

 

ROE,ROA,ROICはとても良いスコア。

グレアム指数が668.63倍と超割高。

EV/EBITDAは25.30倍とこちらも超割高。

PEGレシオは25.68倍と割高。

FCFマージンは0.22%と営業利益率の割には低い。

運転資本も悪いですが、投資CFも31億円使っているため。

まあカネは使うためにあるので、正常な会社なのではないでしょうか。

配当利回りはまあまあ。配当性向がかなり大きく出ているが、株式分割の影響なのだろうか。

 

業績予想から計算する経営指標

業績予想パラメタはこちら。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 決算短信 7,113
当期純利益 決算短信 4,815
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 62
予想配当金額 決算短信 50
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 3,877.568

 

※計算の便宜上、配当金額は株式分割前に調整している。

以下、計算結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 50.89%
ROA 総資本利益率 22.02%
PER 株価収益率 33.02
ROIC 投下資本利益率 31.63%
EBITDA 減価償却前営業利益 7,305
FCF Free cash Flow 4,770
EV 企業価値 154,102
配当利回り 2.44%
配当性向 80.53%

 

ROE,ROA,ROICは変わらず良いスコア。特にROICが凄い。

グレアム指数は多少割安になって554.76倍。それでもめちゃ高いが。

EV/EBITDAは21.10倍とこちらも割高。

PEGレシオ27.38倍。こちらも割高。

FCFマージンは投資CF加味前で6.23%と思ったほど高くない。

配当利回りはそこそこ。配当性向がやたらでかいのが気になる。計算間違いか?

 

総括

ROE,ROA,ROICなどのファンダメンタルズはとても良い。

ただその分、とても割高になっていて手が出ない。私は買わないでしょう。

アパート。都心部はまだ需要過多なのだろう。

都心の不動産は人口減少時代でむしろ需要が強くなっている。

なぜなら、今まで過疎地だった地域はもはや人が住むインフラを維持できず、都心部へ移動せざるを得なくなっているからでしょう。

たとえば日本海側の豪雪地帯など。冬の雪の時期は玄関から外に出るのも一苦労。

そんなところに若者は住みたいとは思わないでしょう。

まだ仕事でもあれば、住むモチヴェイションも保てますが、地域はどんどん人が減って産業が枯渇している。

みんな否応なく、都心部で生活せざるを得ない時代がやってくるのでしょう。

だから都心部の不動産事業はしばらくは安泰なのではないかと私は考えています。

そのため、この銘柄も興味あるのですが、これだけ高いと買う気はしません。

ならいくらなら買うか。グレアム指数が20倍台まで下がったら買います。

つまり354円。くらいになった買ってもいいかな、とは思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です