「空飛ぶタイヤ」を女性漫画誌「BE LOVE」に連載している衝撃

「空飛ぶタイヤ」と言えば、知る人ぞ知る、池井戸潤先生の名著です。

 

 

某大手自動車メーカー(三菱自動車)がモデルのホープ自動車と零細運送会社の赤松運送の社長赤松徳郎とのタフな闘いを描いた傑作経済小説。

これは本当に面白い小説。本当に夢中になって読んでいたらいつの間にか読み終わっていた、という感じ。

読んでみて損はないでしょう。

 

ちょっとした粗筋など

ホープ自動車製のトラックのタイヤ脱落事故が起こり、そのタイヤが歩行中の母子を襲う。

そして母がその事故により愛する我が子の目前で亡くなってしまうという、救いようのない展開から物語は始まる。

問題はそのトラックを管理・運転していたのが赤松運送というところにあった。

社会的にも名門として、信用力の高いホープ自動車、つまりメーカー側に事故の責任はなく、零細企業の赤松運送の整備不良にこそ、事故の責任がある、という決めつけと先入観から警察の厳しい追及を受ける赤松運送。

そして被害者の遺族からも厳しい責めを受け、肉体的・精神的に消耗していく赤松徳郎。

取引先も離れ、銀行も信用不安から貸し剥がしを行うなど、赤松運送はとてつもない窮地に追い込まれていく。

しかし赤松は自社の整備に問題はない、と社員を信じ、零細の何の後ろ盾もない状態で、巨大メーカーホープ自動車の側の過失を証明しようと正に、「不撓不屈」の抵抗を見せる。

この赤松の孤独な闘いに胸を打たれない読者はいないのではないか、私はこの小説を読んだ時の読後感としてそう強く感じた。

 

女性漫画誌の赤松が綺麗すぎるだろ(ツッコミ)!!

そんないわば、「おっさんのためのおっさん小説」である「空飛ぶタイヤ」。

これがなぜ、女性漫画誌である「BE LOBE」に掲載されているのか。

私は初めてそれを見た時に、我が目を疑いました。

スピリッツか、モーニングの間違いじゃないのか?と。

しかし女性誌であることは一目瞭然でした。

なぜなら、漫画に出てくる「赤松徳郎」が美形すぎるからです。

赤松徳郎の画像

零細運送会社のおっさん社長がこんな美形のわけねーだろ!!!

いや、美形の人もいるのかもしれないけど、ホントごく少数でしょ、っていうツッコミ。

 

綺麗な顔でなければ主人公になったらダメなのですか?

女性漫画誌だから仕方ないが、実は「汚いモノを描いてはいけない」というような不文律でもあるのですか?と聞いてみたくなるほど、綺麗な人間しか出てこない。

なんか実写化もするみたいで、赤松役がジャニーズの長瀬智也とからしい。

これは酷いですね。原作を尊重する気ゼロ。

綺麗でなければ、GOOD LOOKINGでなければ、物語の主人公になってはいけないのですか?

むろん漫画も映画も興業ですから、読者や観客を増やしてナンボでしょう。

しかしその目的のために、原作のファンの気持ちを台無しにして、踏みにじってもいいんでしょうか?

 

原作に出てくる赤松徳郎はどこにでもいる普通のきちゃないおっさんです。(私のイメージも多少ある)

太っていて、ハゲちらかしていて、足は短い。

タバコはチェーンスモーカー。寝る時も会社の心配で歯ぎしりとかする。

不健康を絵で描いたような生活。

臭いし、無駄毛は多いし、肌は脂ぎっていて、髪を切るのはおそらく1,000円カットでしょう。

服装にも無頓着。家ではずっとランニング着て過ごすし、会社ではツナギを着ている。

いつもカネの心配ばかりしていて、ピリピリしている。それゆえ、感情的になって、周囲にすぐ怒鳴り散らす。

時には手も出るかもしれない。

酒の席では説教。絡む。鬱陶しいことこの上ない。

 

…だけど、社員や家族を守るために、死ぬような努力をしている。

周囲に鬱陶しがられても、健気にただ、ただ自分の命を燃やし続ける。

それが、それこそが赤松徳郎。そして日本の中小零細企業のおっさんです。

土台、女子ウケするような対象ではないというのは考えなくてもすぐわかるでしょう。

 

真の赤松徳郎を見て欲しい

上に書いてきた理由から、私は漫画や映画の「空飛ぶタイヤ」をあまり読んだり、観たりして欲しくないな、と1ファンとして感じます。

こんなモノは単なる商業作品として、民度の低いジャニヲタの女だけが観ていればいいでしょう。

本当の「空飛ぶタイヤ」はこの原作の中にしかありません。

 

 

どうか原作を読んで、

「太っていて、ハゲていて、足が短く、臭くて、汚くて、すぐ感情的になる、いわゆる『キモい』おっさん」が家族と、そして会社の従業員と、その会社を遺してくれた両親の為に、大企業に死ぬような闘いを挑む姿に共感し涙して欲しい。

ジャニヲタやジャニーズは恋愛コンテンツで遊んでいればいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です