【サイボー】2017.12(3Q決算)

商業施設賃貸が安定収益源。

紡織撤退、レースは生産。輸入原糸ほか各種繊維製品を企画・販売。

セグメント情報は以下の通り。

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
繊維 3,564 △ 52 56.8%
不動産活用 1,811 127 28.9%
ゴルフ練習場 701 52 11.2%
その他 197 37 3.1%
調整 △ 39 0.0%

 

構成比トップの繊維が赤字という苦しい展開。

不動産活用事業などは利益率7.0%とそこそこ健闘しているが、33年継続していた「イオンモール川口」の賃貸が2018.9に終了するというので予断は許されない。

ゴルフ練習場は構成比はまだまだ小さいが、利益率は7.4%と健闘。

以下、今回は2017.12期、3Q決算について分析。

決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 6,274 124 21
前決算② 6,265 717 790
業績予想③ 8,572 △ 190 △ 68
YoY 9 △ 593 △ 769
0.1% -82.7% -97.3%
③-① 2,298 △ 314 △ 89
進捗率 73.2% 165.3% 130.9%

 

対前四半期累計増収(+9、+0.1%)、減益(△593、△82.7%)

微増収で、大減益。営業利益率は11.4%から2.0%へと急転直下である。

主な原因としては、「イオンモール川口」の撤退戦によるもの。

2018.9に終了するために、減価償却費や資産除去債務を計上。

それゆえ大幅減益している。飽くまで一過性の減益という説明です。

対業績予想では、売上はショートしているが、営業利益と最終利益は上振れている。

何と言っても、赤字の業績予想だったため。

「イオンモール川口」の撤退戦を少し、保守的に見積もり過ぎていたか。

いずれにせよ、苦しい決算期で、黒字確保できているのは大きいのかもしれない。

 

業績予想から計算する経営指標

当四半期末時点における決算パラメタは以下の通り。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 △ 190
有利子負債 当決算期末残高 2,574
現金預金 当決算期末残高 3,152
株主資本 当決算期末残高 13,938
当期純利益 業績予測 △ 68
総資産 当決算期末残高 28,256
発行済み株式数 当決算期末残高 13.237
支払利息 業績予測 44
減価償却費 業績予測 1,471
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 △ 5
BPS 純資産÷発行済み株式数 1,053
株価 直近株価 511
予想配当金額 決算短信 14
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 185.324
時価総額 株価×発行済み株式数 6,764

 

総資産28,256、株主資本13,938、自己資本比率49.3%

有利子負債2,574、D/Eレシオは0.18倍と高くはない。

流動資産5,691、流動比率20.1%と低い。

ネットキャッシュは+638で対総資産比率が2.3%と黒字。

財務内容は思ったほど悪くはなさそうである。

時価総額が67億円。

以下計算結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 -0.49%
ROA 総資本利益率 -0.24%
PER 株価収益率 -99.48
PBR 株価純資産倍率 0.49
ROIC 投下資本利益率 -0.74%
WACC 加重平均資本コスト 1.29%
EBITDA 減価償却前営業利益 1,281
FCF Free cash Flow 827
EV 企業価値 6,186
予想利回り 2.74%
配当性向 -272.54%

 

営業利益、最終利益ともに赤字の業績予想ゆえに、ROE,ROA,ROICすべて測定不能。

グレアム指数もPERが赤なので、測定不能。

EV/EBITDAは4.8倍とここは割安。

PEGレシオはマイナス成長なので、測定不能。

FCFマージンが意外と高くて、9.6%

理由としては「イオンモール川口」などの減価償却費が大きいことが挙げられる。

つまり「イオンモール川口」撤退関連の原価や費用がなければ、黒字だったということでしょう。

配当利回りが2.74%とちょっといい。

 

総括

当決算はなんと言っても、「イオンモール川口」で歪んでいるのが特徴である。

だから、ROE,ROA,ROICという経営指標がアテにならない。

とにかく行政予想が赤、という厳然たる事実を突き付けられるのみである。

しかし、意外だったのが、財政状態がそこまで悪くはないということ。

そして、EV/EBITDAは割安を示しており、また、FCFマージンのスコアも悪くないということである。

実は見かけほど、カネに困っているわけではないのでしょう。

3Q時点で黒字ですから、本決算も黒字の可能性は高いのではないか。

そういう意味では、面白い銘柄と言えなくもない。

しかし、本業かつ主業の繊維事業で赤字、という事実は痛いでしょう。

まずは本業を黒字化させてほしいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です