【血液型星座】ドナルド・トランプ×ヒラリー・クリントン

ドナルド・トランプはA型ふたご座。
ヒラリー・クリントンはAB型さそり座。

AB型はA型に服従しがちです。
またふたご座は風の星座。さそり座は水の星座で星座的に見ても相性は良くない。

なんだかトランプが勝っちゃうかもしんない展開になってきてしまいました。
保護貿易をしたり、事実上の日米安保を破棄するような発言も。

なったらやばいと思う日本人が大半だと思います。私もそうですが。
しかしこんなやばいトランプにあわや負けそうになっているヒラリー・クリントンってなんなんすかね。

何でこんなに求心力がない人が民主党の代表になってしまったのでしょうか?
どこかの記事で「結局女性だからだ」という論調を見ましたが。

私はそんな事はないと思います。
ジェンダー後進国の日本でさえ、都知事、野党第一党代表、防衛大臣が女性です。
何より、アメリカは黒人を大統領に仰いでいるでありませんか。

優秀(に見せかけられる)ならば、きちんと政治の重要ポストにどんな人間もつける。
民意は、民衆は、民主主義は、ダイバーシティを選択するし、できるのです。

ヒラリーがアメリカ国民から嫌われているのはヒラリーが無能なオバマの政策を引き継ぐ印象があるからです。
オバマ≒無能≒ヒラリー、というわけです。

はっきり言ってオバマは無能です。
ノーベル平和賞などを貰って悦に入っていますが、彼はお題目に掲げていた「核兵器の廃絶」を少しでも達成できたでしょうか。
結局何もできていない。というか、中途半端に暴力を規制してISなんて危険なテロ組織を生み出す原因を作りました。
アメリカ自身が核を手放せない事を何年もかけて思い知ったに過ぎない。

このISをはじめとした暴力的なイスラム原理主義者たちから逃れようと、シリアや危険な地域から難民移民が他国に押し寄せ、EU各国をはじめ、いろんな国々において、保守主義・選民思想がのそりとその勢力を拡大しています。

鳴り物入りで始めた「オバマケア」。結局議会に混乱をもたらしただけで、何も実行されていません。
議会を説得・調整し、予算を確保するという政治家のもっとも基本的で重要な仕事ができない。
オバマに政治力全くない。

黒人だからとかそういう問題ではなく、おためごかしの綺麗ごとばかりで実行力のない、民主党代表の無能な大統領候補に、アメリカ国民はうんざりしているのです。

だから多少乱暴でもクレイジーでも強気でアメリカを引っ張って行ってくれるリーダーをアメリカ国民は求めているのです。

フィリピンでドゥテルテが人気なのが象徴的です。
実行力のない理想論だけの政治家がアメリカを弱くした。
だからオバマ-ヒラリーラインはダメだ。

これが今のトランプ現象の根本なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です