【血液型星座】羽生結弦×宇野昌麿

羽生結弦選手と宇野昌麿(しょうま)選手が平昌冬季オリンピックで金・銀メダルを獲得ということで大記録が樹立されました。昌麿で「しょうま」と最初は読みが分かりませんでした。

https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20180217/k00/00e/050/304000c

私はオリンピックというものに興味がさらさらないのですが、若者の活躍は素直に嬉しく思えます。

権力や政治力を駆使して、ジジイやババアが活躍しているニュースより何倍も応援できますね。

http://tamojun51.com/archives/1282

元々はこの平昌オリンピックは何だか、北朝鮮の政治的な動きがキナ臭いとかで、すごい政治の臭いが強い、嫌なオリンピックだな、と感じていましたが(金与正が一躍時の人になりました)、花形のフィギュアスケートで、日本人選手がワンツーフィニッシュを決めたということで、国内のスポーツナショナリスト、そしてナショナリストの方たちも、かなり溜飲が下がったのではないでしょうか。

羽生選手はANA、宇野選手はトヨタ自動車にそれぞれ所属しているんですね。

面目躍如の大活躍、とても喜ばしいことだと存じます。

 

血液型星座

羽生結弦選手はB型の射手座。

そして、宇野昌麿選手も同じく、B型の射手座なんです。

羽生選手は23歳、宇野選手は20歳。

フィギュアスケートには全く詳しくないのですが、二人とも、選手としてのピークなんでしょうかね。

しかしそれにしても、世界でも活躍できる、日本発のトップアスリートには、B型が多いとは思われます。

例えばイチローや大谷翔平など。野茂英雄、上原浩治、長嶋茂雄なんかもB型ですね。

http://tamojun51.com/archives/40

以前、テレビでイチローの取材映像を見ている時に、イチローが、

「ふと、練習がしたくなった」

とか言って、深夜2時だか3時だかに突然練習をおっぱじめたのを見たことがあります。

こういうところがなんとなくB型っぽいというか。

羽生選手や宇野選手もそんな感じで、前のめりで練習に打ち込んできたので、ここまで活躍できたのではないか、と考える次第です。

 

フィギュアスケートはそれ単体で興業がぶてるのではないか

しばらく、羽生・宇野フィーバーは続くでしょう。(一部のファン以外は冷めるのも早いのでしょうが)

次の冬季オリンピックは2年後。羽生選手は27歳、宇野選手は24歳。

よく分かりませんが、羽生選手の3連覇はあるのか。それとも、宇野選手が金を奪取するのか。

それとも、世界で彼ら以外のタレントが出現するのか。

なかなかフィギュアスケートの人気というのは今後も高く維持されそうです。

そうして考えると、もう、オリンピックなんて辞めちまって、それぞれの競技がそれぞれの団体ごとに、コンテストを定期的に開催すればいいのではないかと私は思っています。

別に4年に1回にする必要なんてないんじゃないのかと。

オリンピックはご存じの通り、既得権益者を潤したり、政治利用されたりと、ろくなものではありません。

ですから、オリンピックなんぞ辞めてしまって、それぞれの競技ごとに、それぞれの運営運用をした方が、多様性が担保できていいのではないかと考えます。

正直な話、花形のフィギュアスケートと、なんか地味な競技の金メダルに同じ価値があるとは、素人からするととても思えない。

実態はそうなのにも関わらず、オリンピックで色々な競技に下駄履かせたり、あるいは既存の枠内に押し込めたりするのが、時代の潮流として、あまりそぐわないのではないでしょうか。

トップアスリートの演技や技術、体力は素晴らしい。でもやはりオリンピックは早くなくなればよい、と私は考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です