【昭和産業】2017.12(3Q決算)

昭和産業の過去エントリ。

【2Q決算】

http://tamojun51.com/archives/1426

【1Q決算】

http://tamojun51.com/archives/1145

【前期本決算】

http://tamojun51.com/archives/849

今回は2017.12期、3Q決算について見ていきます。

決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 177,063 5,442 4,250
前決算② 178,209 8,141 5,668
業績予想③ 243,000 7,600 5,300
YoY △ 1,146 △ 2,699 △ 1,418
-0.6% -33.2% -25.0%
③-① 65,937 2,158 1,050
進捗率 72.9% 71.6% 80.2%

 

対前四半期累計減収(△1,146、△0.6%)、減益(△2,699、△33.2%)

減益幅がなかなかに厳しい。△33.2%とは。

営業利益率は4.6%から3.1%へと△1.5ポイント。苦しい決算。

以下、セグメント情報。

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
製粉 49,043 1,754 27.7%
油脂食品 59,309 1,870 33.5%
糖質 25,334 1,063 14.3%
飼料 39,549 504 22.3%
倉庫 2,113 540 1.2%
不動産 1,495 816 0.8%
その他 216 76 0.1%
調整 △ 1,184 0.0%

 

色々な事業をやっていますが、主力は油脂食品・製粉・飼料事業。

それぞれ、利益率が3.2%、3.6%、1.3%と厳しい利益率です。

最近のグルテンフリーダイエットや糖質オフダイエットなどの影響も当然あるでしょう。

逆に利益率が良いのが、倉庫事業25.6%、不動産事業54.6%

本業でない利益率がすごい!

もういっそ倉庫業・不動産業に転身した方がいいのではないでしょうかW

対計画では、売上と営業利益はショートしている。最終利益は超過達成。

これは配当金や持ち分法利益によるもの。

本業より筋が良いと思うのは私だけではないでしょうW

本業を大胆にリストラし、倉庫・不動産・投資業に本腰を入れるわけにはいきませんでしょうか?

 

業績予想から計算する経営指標

当四半期末時点における決算パラメタ。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 7,600
有利子負債 当決算期末残高 35,982
現金預金 当決算期末残高 2,451
株主資本 当決算期末残高 71,214
当期純利益 業績予測 5,300
総資産 当決算期末残高 168,120
発行済み株式数 当決算期末残高 31.575
支払利息 業績予測 185
減価償却費 業績予測 7,582
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 168
BPS 純資産÷発行済み株式数 2,255
株価 直近株価 2,716
予想配当金額 決算短信 50
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 1,578.725
時価総額 株価×発行済み株式数 85,756

 

総資産168,120、株主資本71,214、自己資本比率42.4%とそこそこ。

有利子負債35,982、D/Eレシオ0.51倍とまだまだ低い。

流動資産71,869、流動比率42.7%と低い。

ネットキャッシュは△33,531と赤字。

財務的には少し苦しくなってきたか。

時価総額は857億円とそこそこ大きい。

以下計算結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 7.44%
ROA 総資本利益率 3.15%
PER 株価収益率 16.18
PBR 株価純資産倍率 1.20
ROIC 投下資本利益率 4.56%
WACC 加重平均資本コスト 1.58%
EBITDA 減価償却前営業利益 15,182
FCF Free cash Flow 7,163
EV 企業価値 119,287
予想利回り 1.84%
配当性向 29.79%

 

ROE,ROAは少し物足りない。

グレアム指数は19.5倍と割安でしょう。

EV/EBITDAは7.9倍と、こちらも割安。

PEGレシオはマイナス成長なので測定不能。

FCFマージンは2.9%と低い。営業利益率が低いので。

ROICも低い。

配当利回りと配当性向はそこそこ。カネ大丈夫か。

 

まとめ

なかなか苦しい決算だが、最終利益だけは計画数値を超過しているので、そこは評価したい。

あと、グレアム指数とEV/EBITDAが割安スコアなのも評価したいところです。

逆に言うと、その他のスコアは褒めるところがありません。

まずは何はともあれ、営業利益率を上げることでしょう。

そのためにどうすればよいか。方法はひとつしかない。

リストラでしょう。

特に製粉や糖質、というか食品事業を大胆にリストラするしかないのでは?

本業であるはずの食品事業が足を引っ張っています。

ここを縮小し、冗談でも何でもなく、倉庫業、不動産業、投資業にウェートを移していくしかないのではないかと感じました。

これからグルテンフリーや糖質オフは主流になりこそすれ、再度昔のようなパン食、砂糖食ブレイクに回帰していくことはないでしょう。

世の趨勢は健康志向なのです。

そんな地合いでいつまでも食品業を続けているのはあまりクレバーな経営方針とは言えないでしょう。

小麦粉も砂糖も私は好きですが、たまに食べるくらいがちょうどいい。

ですから食品事業のリストラ。

まずはこちらを推し進めていただけないか、と感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です