【FPG】2017.12(1Q決算)

FPG過去エントリ。

【前期本決算】

http://tamojun51.com/archives/1399

【3Q決算】

http://tamojun51.com/archives/1317

以下、決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てるものとする。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 4,394 2,268 1,431
前決算② 4,743 3,020 2,227
業績予想③ 23,701 14,753 10,313
YoY △ 349 △ 752 △ 796
-7.4% -24.9% -35.7%
③-① 19,307 12,485 8,882
進捗率 18.5% 15.4% 13.9%

 

対前四半期減収(△349、△7.4%)、減益(△752、△24.9%)

大幅なマイナス成長。特に営業利益の落ち込みが酷い。

営業利益率は63.7%から51.6%へと△12.1ポイントの大幅ダウン。

それでも営業利益率51.6%は驚異的高さだが。

対業績予想も全アイテム軒並みショート。

出鼻をくじかれたか。あまり良いスタートの決算とは言えません。

 

業績予想から計算する経営指標

当四半期末時点における決算パラメタ。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 14,753
有利子負債 当決算期末残高 60,178
現金預金 当決算期末残高 15,408
株主資本 当決算期末残高 21,648
当期純利益 業績予測 10,313
総資産 当決算期末残高 95,635
発行済み株式数 当決算期末残高 90.117
支払利息 業績予測 766
減価償却費 業績予測 278
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 114
BPS 純資産÷発行済み株式数 240
株価 直近株価 1,505
予想配当金額 決算短信 49
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 4,438.258
時価総額 株価×発行済み株式数 135,626

 

総資産95,635、株主資本21,648、自己資本比率22.6%と低い。×

有利子負債60,178、D/Eレシオ2.78倍と高い。×

流動資産91,999、流動比率96.2%と高い。◎

ネットキャッシュは+25,953で対総資産比率27.1%とかなりカネはある。◎

借金も多いが、その分、換価可能性の高い流動資産が多いのが当社の特徴。

財政状態はまあ良いとは言えないが、そこまでカネに困っているという感じはしない。

時価総額は1,356億円。結構大きい会社。

以下計算結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 47.64%
ROA 総資本利益率 10.78%
PER 株価収益率 13.15
PBR 株価純資産倍率 6.27
ROIC 投下資本利益率 11.60%
WACC 加重平均資本コスト 6.03%
EBITDA 減価償却前営業利益 15,031
FCF Free cash Flow 9,422
EV 企業価値 180,396
予想利回り 3.27%
配当性向 43.04%

 

自己資本比率が低いだけあって、ROEが高い。○、ROAは低いが。

グレアム指数は82.4倍と割高。×

EV/EBITDAは12.0倍と少し高い。△

PEGレシオはマイナス成長なので、測定不能。×

FCFマージンは何と驚異の39.8%、営業利益率がバカ高いので。◎◎

ROICもなかなか高い。○

配当利回り、配当性向も高い。カネはある。○

 

まとめ

決算自体はお世辞にも良いとは言えないか。

対前期、対計画ともに、大きく落ち込んでしまっている。

しかし依然として営業利益率50%超えは魅力的ではある。

財務状態はともかくとして、FCFマージンがとてつもなく大きい。

カネ回りさえ良ければ、とにかく会社は回るでしょう。

まだ1Q始まったばかりですし、今後の決算に期待することとしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です