【ミロク情報サービス】2017.9(2Q決算)

会計事務所向け会計ソフト、中堅・中小企業向け統合業務ソフトの開発・販売、コンサルを展開。

クラウドサービスの「Edge Tracker」

新ERPシステムの「MJSLINK NX-Plus」

子会社ビズオーシャンの新サービス「SPALO」

など地に足の着いたサービス展開をしている様子がうかがえる。

TVSや使用料収入が主な収益源。

最近マネーフォワードが猛追してきているというような話も聞かれるが、何だか一過性の流行りものに過ぎない予感もする。

ミロク情報サービスは堅実に着々とやっているので、なぜ株価がマネフォ程度の会社の後塵を拝しているのか理解できない。

未来のことは当然誰にも分かりませんが、私はMJS派ですね。

以下当社決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 13,885 2,685 1,657
前決算② 13,080 2,091 1,352
業績予想③ 27,300 4,400 2,860
YoY 805 594 305
6.2% 28.4% 22.6%
③-① 13,415 1,715 1,203
進捗率 50.9% 61.0% 57.9%

 

対前四半期累計増収(+805、+6.2%)、増益(+594、+28.4%)

営業利益の成長はすごい。営業利益率は16.0%から19.3%へと3.3ポイントもアップしている。

対業績予想では、どのアイテムも軒並み、計画達成中。

特に営業利益の超過達成は心強いでしょう。

 

業績予想から計算する経営指標

当四半期末時点における決算パラメタ。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 4,400
有利子負債 当決算期末残高 1,767
現金預金 当決算期末残高 5,544
株主資本 当決算期末残高 14,119
当期純利益 業績予測 2,860
総資産 当決算期末残高 22,478
発行済み株式数 当決算期末残高 31.276
支払利息 業績予測 10
減価償却費 業績予測 499
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 91
BPS 純資産÷発行済み株式数 451
株価 直近株価 2,958
予想配当金額 決算短信 25
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 781.890
時価総額 株価×発行済み株式数 92,513

 

総資産22,478、株主資本14,119、自己資本比率62.8%とまあまあか。○

有利子負債1,767、D/Eレシオが0.13倍と低い。○

流動資産10,940、流動比率48.7%と高くはない。△

のれんやソフトウェア、ソフトウェア仮勘定などの無形固定資産が大きいです。

ネットキャッシュは3,777で、対総資産比率が16.8%というお金持ちです。○

財政的には何の問題も見当たらないでしょう。

時価総額は925億円。1,000億円の大台まであと少しというところ。

以下計算結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 20.26%
ROA 総資本利益率 12.72%
PER 株価収益率 32.35
PBR 株価純資産倍率 6.55
ROIC 投下資本利益率 17.83%
WACC 加重平均資本コスト 4.96%
EBITDA 減価償却前営業利益 4,899
FCF Free cash Flow 1,754
EV 企業価値 88,736
予想利回り 0.85%
配当性向 27.34%

 

ROE,ROAは良いスコア。○

グレアム指数は212倍と高い。×

ROICが高い。かなり良いスコア。◎

EV/EBITDAは18.1倍と高い。×

PEGレシオは143.3倍。こちらも高い。×

FCFマージンは6.4%とちと物足りないか。△

配当利回りも高くはない。カネが余っているなら、自社株買いしてくれればいいでしょう。△

 

まとめ

現状の株価が適正かどうかというと、少し高すぎなのかとは思う。

グレアム指数、EV/EBITDA、PEGレシオ、などのスコアからそれは言える。

しかしROE,ROA,ROIC,のスコアはすこぶるいい。

資本効率はとても良い会社であるということがわかる。

また、自己資本比率、D/Eレシオ、ネットキャッシュなどのスコアを見れば、財政状態もかなり良い会社であることがわかります。

こう言っては失礼かもしれないが、なぜ、マネーフォワードごとき会社よりも株価が低いのかは謎でしかない。

確かに、私の知り合いの会計事務所などでも、マネーフォワードのクラウド会計を利用し始めた、という話はちらほら聞く。

しかし、やはりまだまだメインストリームはMJSのように思える。

○MJSクラウド会計

https://www.mjs.co.jp/account/

収益や利益がそれを証明しています。

マネーフォワードのジャイアントキリングが今から始まるという期待感で買われているのか。

分かりませんが、私はそんなジャイアントキリングの前に、マネーフォワードは息切れするのではないかと感じています。

来週マネフォは本決算開示ということで楽しみにしています。

どうせクラウド会計の未来に賭けるならば、マネフォよりもMJSの方が何倍もマシだとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です