【グッドコムアセット】2017.10(本決算)

東京23区で投資用ワンルームマンション、家族向けも展開。

女性公務員に顧客基盤。台湾に販社。

収益は現状、ほとんど国内です。

以下当社決算情報、定性情報は当社決算資料より。

単位は特筆なき場合すべて百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 9,834 907 620
前決算② 7,393 929 563
業績予想③ 10,284 1,175 723
YoY 2,441 △ 22 57
33.0% -2.4% 10.1%
③-① 450 268 103
YoY 104.6% 129.5% 116.6%

 

対前期増収(+2,441、+33.0%)、減益(△22、△2.4%)

増収なのに減益とは厳しい決算。toC販売はむしろ好業績だったが、toB販売で大幅に減益したようだ。

営業利益率は12.6%から9.2%へと△3.4%の急滑落。。

素人には高く売って、玄人には買いたたかれている???真偽のほどは不明です。

対来期業績予想では、全アイテム軒並み、成長。

営業利益は+29.5%とそれなりに高い目標。

 

当期決算から計算する経営指標

当期決算における決算パラメタ。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 決算短信 907
有利子負債 当決算期末残高 8,867
現金預金 当決算期末残高 2,539
純資産 当決算期末残高 3,241
当期純利益 決算短信 620
総資産 当決算期末残高 12,613
発行済み株式数 当決算期末残高 5.845
支払利息 決算短信 75
減価償却費 決算短信 20
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 106
BPS 純資産÷発行済み株式数 554
株価(円) 直近株価 1,393
配当金額 決算短信 25
配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 146.123
時価総額 株価×発行済み株式数 8,142

 

総資産12,613、純資産3,241、自己資本比率25.7%と低い。×

有利子負債8,867、d/eレシオ2.74倍とかなり高い。×

流動資産12,539、流動比率99.4%ととてつもなく高い。◎

ネットキャッシュは△6,328の大赤字。××

財務的には正直厳しい会社。

時価総額は81億円と小さい。

以下計算結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 19.13%
ROA 総資本利益率 4.92%
PER 株価収益率 13.13
PBR 株価純資産倍率 2.51
ROIC 投下資本利益率 4.82%
WACC 加重平均資本コスト 1.61%
EBITDA 減価償却前営業利益 927
FCF Free cash Flow -5,334
EV 企業価値 14,470
配当利回り 1.79%
配当性向 23.57%

 

ROEはかなり良い。ROAはそれほど良くない。△

グレアム指数は32.99倍。高い。×

ROICも物足りない。×

EV/EBITDAは15.61倍と高い。×

PEGレシオは129.71倍とこちらも割高。×

FCFはマイナス。×××

配当利回りはこの成績にしては頑張っているほうだと思う。

というかネットキャッシュもFCFも赤字なら配当なんて出さない方が良いんでは?××

 

来年度業績予想から計算する経営指標

来年度の業績予想パラメタは以下の通り。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 決算短信 1,175
当期純利益 決算短信 723
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 124
予想配当金額 決算短信 40
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 233.797

 

営業利益1,175、最終利益723を入力して、計算した結果がこちら。

各指標
ROE 自己資本利益率 22.31%
ROA 総資本利益率 5.73%
PER 株価収益率 11.26
ROIC 投下資本利益率 6.25%
EBITDA 減価償却前営業利益 1,195
FCF Free cash Flow -5,242
EV 企業価値 14,470
配当利回り 1.79%
配当性向 32.34%

 

まだ海のものとも山の物ともつかない業績予想ではあるが。

ROEのスコアは大変に良い。ROAは良くない。△

グレアム指数は28.29倍。まだ高い。×

ROICもまだまだ良いとは言えない。×

EV/EBITDAは12.11倍。まだ高い。×

PEGレシオは9.66倍。こちらも高い。×

FCFはまたしても赤字。良くないですね。×××

 

まとめ

厳しい決算だと思います。

まず財務状態が良くない。

自己資本比率、D/Eレシオ、ネットキャッシュがどれも厳しい数値でした。

続いて経営指標も良くない。

ROEは良いのですが、ROA,ROIC,EV/EBITDA,PEGレシオ、グレアム指数、どれも割高です。

そして最も悪いのがFCFが赤字であるということ。

これは主に運転資本の悪化によるところが大きい。

とりわけ棚卸資産。販売用不動産が6,588も純増しています。

これが大きくスコアに悪影響。

売れれば、各スコアも劇的に改善するのですが、果たして販売計画はどうなのでしょうか。

とにもかくにも、FCFの赤字だけは何とか早く脱却してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です