【丸紅】2017.9(2Q決算)

芙蓉グループの総合商社大手。

穀物、発電で商社首位。プラントや輸送機、農業化学品に強み。

セグメント別事業構成比は以下の通り。

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
生活産業 2,107,721 25,393 55.8%
素材 1,024,752 24,443 27.1%
エネルギー・金属 327,752 △ 5,425 8.7%
電力・プラント 106,723 △ 4,123 2.8%
輸送機 214,733 11,884 5.7%
その他 -3,577 553 -0.1%

 

生活産業が構成比55.8%。しかし利益率はたったの1.2%

素材も2.4%と利益率が低い。

エネルギー・金属、電力・プラントに関しては赤字。。

商社ビジネス素人の私からすると、エネルギーと電力ってセグメント別なの?という疑問もある。

なんかセグメントの分け方これでいいんだろうか。

素人が見ても分かりやすいものでないとリリースの本来の機能を果たしていないと思うのだが。。

なんかセグメントの分け方にその会社のIRのセンスというか、財務のセンスが出るように、私は想います。

以下、当社決算情報、定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合、全て百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てている。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 3,778,104 52,725 104,591
前決算② 3,453,591 45,360 80,517
業績予想③ 7,600,000 120,000 170,000
YoY 324,513 7,365 24,074
9.4% 16.2% 29.9%
③-① 3,821,896 67,275 65,409
進捗率 49.7% 43.9% 61.5%

 

対前四半期累計において増収(+324,513、+9.4%)、増益(+7,365、+16.2%)

増益幅はかなり大きいと思う。

しかし営業利益率は1.3%から1.4%へと0.1ポイントアップに留まっている。

商社ってどこもそうですが、営業利益率が薄い商売をしているんですね。

これは単に、粗利が小さい商売なのか、それとも、一流大学を出た人間の人件費コストが大きいのか。

あるいはその両方なのかわかりませんが、営業利益率が5%も到達しないというのはかなりお寒い利幅のように感じるのですが。。

それとも商社のビジネスというのはこういうもんなのでしょうか。

対業績予想では売上と営業利益はショートしていますが、最終利益は順調な消化具合です。

良い決算(?)なんでしょうか。

 

業績予想から計算する経営指標

当四半期末時点の決算パラメタは以下の通り。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 120,000
有利子負債 当決算期末残高 2,779,685
現金預金 当決算期末残高 572,434
純資産 当決算期末残高 1,683,723
当期純利益 業績予測 170,000
総資産 当決算期末残高 6,866,555
発行済み株式数 当決算期末残高 1,735.359
支払利息 業績予測 32,938
減価償却費 業績予測 118,800
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 98
BPS 純資産÷発行済み株式数 970
株価 直近株価 816
予想配当金額 決算短信 25
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 43,383.973
時価総額 株価×発行済み株式数 1,416,226

 

総資産6,866,555、純資産1,683,723、自己資本比率24.5%、低い。×

有利子負債2,779,685、D/Eレシオ1.65倍。高い。×

流動資産3,011,751、流動比率43.9%と低い。×

ネットキャッシュは△2,159,692という大赤字。×

お世辞にも財政状態が良いとは言えない。

時価総額は1.4兆円というでかい規模。

既にこれだけでかいと投資する気が起きません。

以下計算結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 10.10%
ROA 総資本利益率 2.48%
PER 株価収益率 8.33
PBR 株価純資産倍率 0.84
ROIC 投下資本利益率 1.73%
WACC 加重平均資本コスト 1.45%
EBITDA 減価償却前営業利益 238,800
FCF Free cash Flow 59,415
EV 企業価値 3,623,477
予想利回り 3.06%
配当性向 25.52%

 

ROEのスコアは良いが、ROAのスコアは酷い。×

グレアム指数は7.0倍。割安。○

ROICがとても低い。×

EV/EBITDAは15.2倍。割高。×

配当利回りはなかなか良いか。○

 

まとめ

私は当社に限らず、商社には投資しません。

業界のことはよく知りませんが、スケールする未来が思い描けないからです。

それに商社は、営業利益率は低いし、ROE,ROA,ROICのスコアも決してお世辞にも言いとは言えない。

EV/EBITDAも割高。

財務状態も悪い。自己資本比率は低く、D/Eレシオは高い。

そのうえ、既に成熟しきっていて、時価総額はでかい。

オワコンとまでは言いませんが、これからも経済の中心であり続ける職種とはとても思えない。

社員もひとりひとりはそりゃ優秀なんでしょうけども。

ただそんな優秀なリソースをふんだんに使って、この営業利益率とかROEとかROICなの?

という素朴な疑問はあります。

昭和のビジネス、と言ったら言い過ぎなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です