【平田機工】2017.9(2Q決算)

生産設備エンジニアリング会社。

事業構成比は、自動車と半導体関連が半々くらいでその2つのセグメントが大半を占めている。

他にも物流機器や家電関連、産業用ロボットなども。

以下国別セグメント。

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
日本 40,615 5,448 85.8%
アジア 4,045 394 8.5%
北米 2,383 137 5.0%
欧州 305 △ 9 0.6%

 

ほとんど日本シェア。利益率13.4%と高め。

アジアも9.7%となかなか。ここにも中国経済の恩恵が。

北米はやや寂しい5.7%、欧州は赤字。

自動車産業と同じです。

以下当社決算情報および定性情報は決算資料より。

単位は特筆なき場合全て百万円とし、百万円以下の金額は切り捨てるものとする。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 47,350 5,807 3,966
前決算② 31,503 3,287 1,903
業績予想③ 90,000 9,000 6,000
YoY 15,847 2,520 2,063
50.3% 76.7% 108.4%
③-① 42,650 3,193 2,034
進捗率 52.6% 64.5% 66.1%

 

対前四半期増収(+15,847、+50.3%)、増益(+2,520、+76.7%)

すごい増収増益幅である。

営業利益率も10.4%から12.3%へと1.8ポイントもアップ。

対業績予想では、売上、営業利益、最終利益ともに、軒並み超過達成している。

かなりの好決算でした。

 

業績予想から計算する経営指標

当四半期末時点における決算パラメタ。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 業績予測 9,000
有利子負債 当決算期末残高 27,619
現金預金 当決算期末残高 17,338
純資産 当決算期末残高 43,460
当期純利益 業績予測 6,000
総資産 当決算期末残高 101,592
発行済み株式数 当決算期末残高 10.136
支払利息 業績予測 117
減価償却費 業績予測 516
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 592
BPS 純資産÷発行済み株式数 4,288
株価 直近株価 12,160
予想配当金額 決算短信 125
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 1,267.050
時価総額 株価×発行済み株式数 123,259

 

総資産101,592、純資産43,460、自己資本比率42.8%と高くはない。

有利子負債27,619、D/Eレシオ0.64倍とまだ高くはない。

流動資産79,792、流動比率78.5%と高い。

ネットキャッシュは△10,281の赤字。

財政状態は決して良いわけではない。

時価総額1,232億円。まだまだこれからでしょう。

以下計算結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 13.81%
ROA 総資本利益率 5.91%
PER 株価収益率 20.54
PBR 株価純資産倍率 2.84
ROIC 投下資本利益率 8.15%
WACC 加重平均資本コスト 1.89%
EBITDA 減価償却前営業利益 9,516
FCF Free cash Flow -2,121
EV 企業価値 133,540
予想利回り 1.03%
配当性向 21.12%

 

ROEは良いスコア。

グレアム指数(PER*PBR)は高い。

割高になってしまった。出遅れた。最近は話題のビットコインのトレードにうつつを抜かしていた。

余剰資金は全て、コインキャッシュのウォレットに移してしまっていて、カネもない。

そもそも割高になってしまっていて、当銘柄は買えないから、いいのだが。

ROICもなかなかのスコアだが、二けたいくと見栄えがもっと良い。

EV/EBITDAは14.0倍と高い。割高銘柄になってしまっていると思う。

FCFが赤字というのもいただけない。運転資本のサイトが良くない。

現状の株価だと、配当利回り、配当性向も良いとは言えないでしょう。

 

進捗率から計算する経営指標

現状の進捗率から計算する業績予想パラメタは以下の通り。

修正業績予想 売上 営業利益 当期純利益
業績予想④ 94,700 11,614 7,932
④-③ 4,700 2,614 1,932

 

軒並み超過達成。

営業利益11,614、最終利益7,932を業績予想パラメタとして再設定し、経営指標を再算出すると以下の通り。

各指標
ROE 自己資本利益率 18.25%
ROA 総資本利益率 7.81%
PER 株価収益率 15.54
ROIC 投下資本利益率 10.52%
EBITDA 減価償却前営業利益 12,130
FCF Free cash Flow -438
配当性向 15.97%

 

最終利益がポジティヴになり、ROE,ROAはかなり改善されている。

グレアム指数も44.1倍と多少割安に。それでも高いとは思うが。

ROICも10%を超えてきた。

EV/EBITDAは11.0倍。まだ少し高い。

FCFは赤字のまま。これは良くないでしょう。

 

まとめ

成長の感じを見ると、バリュー株候補だったのかもしれないが、もはや割安銘柄とは言えないだろう。

というか高い。

良い会社は高い。市場は基本的には完全に効率化されており、ミスプライスされた銘柄などないのだと思い知らされる結果に。

あと財務状態が悪いことは気になる。

自己資本比率42.8%、ネットキャッシュ△10,281、FCF△438

カネはない。

これからどんどん儲かるのかもしれないが、現状のヴァリュエーションだと、買わない。

というかカネがなくて買えません。

バリュー株を見つけるのは一朝一夕にはいかない。

情報は大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です