【エイチーム】2017.7(本決算)

従来型携帯電話向け公式サイトの運営で成長。

現在はスマホゲームと比較情報サイト運営が主軸。

事業構成比はこちら。

事業構成比 売上 セグメント利益 構成比
エンタメ 19,259 3,821 55.7%
ライフスタイル 13,343 1,929 38.6%
EC 2,001 △ 179 5.8%
調整 △ 1,493 0.0%

 

エンタメとはスマホゲーム。構成比は55.7%、利益率19.8%とかなり良いスコア。

ライフスタイルが比較サイト。構成比38.6%で利益率14.5%とこちらもかなり良い。

スマホゲームでは「ヴァルキリーコネクト」を中心に既存タイトルが堅調。

情報サイトは引っ越し・金融などが堅調。

以下当社決算情報、定性情報は決算資料より。

単位は全て百万円とする。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 34,603 4,077 2,579
前決算② 22,967 2,212 1,292
業績予想③ 40,000 4,700 3,100
YoY 11,636 1,865 1,287
50.7% 84.3% 99.6%
③-① 5,397 623 521
YoY 115.6% 115.3% 120.2%

 

対前期増収(+11,636、+50.7%)、増益(+1,865、+84.3%)

すごい成長。営業利益率も9.6%から11.8%へと2.2ポイントもアップ。

対次年度計画では、売上115.6%、営業利益115.3%、最終利益120.2%と、前期の成長と比較すると若干抑え目。

それでも意欲的な計画だと思う。

 

当期決算から計算する各経営指標

以下当決算におけるパラメタ。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 決算短信 4,077
有利子負債 当決算期末残高 632
現金預金 当決算期末残高 5,004
純資産 当決算期末残高 7,457
当期純利益 決算短信 2,579
総資産 当決算期末残高 13,141
発行済み株式数 当決算期末残高 18.905
支払利息 決算短信 3
減価償却費 決算短信 478
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 136
BPS 純資産÷発行済み株式数 394
株価(円) 前日終値 2,826
配当金額 決算短信 27
配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 510.432
時価総額 株価×発行済み株式数 53,425

 

総資産13,141、純資産7,457、自己資本比率56.7%、そこそこ。

有利子負債632でd/eレシオが0.08倍。かなり低い。

流動資産9,809、流動比率74.7%と高い。

財務的には良い数字。

時価総額534億円。規模もなかなか。

以下各経営指標。

各指標
ROE 自己資本利益率 34.59%
ROA 総資本利益率 19.63%
PER 株価収益率 20.72
PBR 株価純資産倍率 7.16
ROIC 投下資本利益率 32.44%
WACC 加重平均資本コスト 6.34%
EBITDA 減価償却前営業利益 4,555
FCF Free cash Flow 1,215
EV 企業価値 49,053
配当利回り 0.96%
配当性向 19.79%

 

さすがにROE,ROAともにかなり良いスコア。

PERもそこまで高いという程ではない。PBRは結構割高だが。

ROIC>WACC,ROICのスコアがかなりいい。

EV/EBITDAが10.7倍。少しお高い。

FCF12億円も。ただ当社の規模を考えるとさほど高いとも言い切れず。

配当利回りはそこまで良くはないが、配当性向は20%弱でそこそこ。

 

次年度計画数値から計算する各経営指標

次年度の計画数値パラメタは以下の通り。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 決算短信 4,700
当期純利益 決算短信 3,100
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 164
予想配当金額 決算短信 33
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 614.408

 

こちらを入力した計算結果がこちら。

各指標
ROE 自己資本利益率 41.57%
ROA 総資本利益率 23.59%
PER 株価収益率 17.23
ROIC 投下資本利益率 37.40%
EBITDA 減価償却前営業利益 5,178
FCF Free cash Flow 2,830
EV 企業価値 49,053
配当利回り 0.96%
配当性向 19.82%

 

ROE,ROAは当然のように良いスコア。

PERも割安に。

ROICも良い。

EV/EBITDAが9.4倍。買いやすい値段とも言える。

FCF28億円使える。

配当性向は20%弱近傍。

総じて見てきて、各経営指標のスコアは良い。

しかし栄枯盛衰の激しいスマホゲーム業界で今後どう勝ち残っていくのか、というレッドオーシャンの闘いは続く。

比較サイトも王者カカクコムなどが存在していて、安穏とはしていられない。

競合と比較して、どこがストロングポイントなのか。

そこらへんに未来を感じたなら、買っても面白いのではないかと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です