【カイカ】2017.7(3Q決算)

中国留学生創業のSI。今は中国事業は撤退している。

フィスコ系ネクス傘下で経営再建中。

フィンテック案件が伸長の途上。

2016.9に特設注意市場銘柄指定解除など。

以下当社の決算情報、定性情報は決算資料より。単位は特筆なき場合、全て百万円とする。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
当決算① 3,548 124 187
前決算② 4,133 197 177
業績予想③ 6,000 454 383
YoY △ 585 △ 73 10
成長率 -14.2% -37.1% 5.6%
③-① 2,452 330 196
進捗率 59.1% 27.3% 48.8%

 

対前四半期比減収(△585、△14.2%)、営業減益(△73、△37.1%)、最終利益増益(+10、+5.6%)

最終利益が黒字化しているのは、営業外収益の貸倒引当金戻入益77などの影響。

営業利益率も1.3ポイントダウン。営業利益は良くない苦しい決算。

業績予想の進捗率も悪い。売上59.1%、営業利益27.3%、最終利益48.8%

これは既に第三四半期なので、下方修正が必要になるでしょう。この進捗の遅れは致命的に見えます。

現状の進捗で引き直した簡易的な業績予想。

経営成績 売上 営業利益 当期純利益
業績予想④ 4,731 165 249
④-③ △ 1,269 △ 289 △ 134

 

対計画において売上△1,269、営業利益△289、最終利益△134

こっちの金額の方が落着の数字とニアリーになると予想します。

 

当初計画による各指標を算出

当初の計画数値における営業利益および当期純利益の金額と各パラメタは以下の通り。

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 会社業績予想 454
有利子負債 当決算期末残高 470
純資産 当決算期末残高 3,384
当期純利益 会社業績予想 383
総資産 当決算期末残高 4,371
発行済み株式数 当決算期末残高 321.923
支払利息 会社業績予想 26
減価償却費 会社業績予想 28
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 1
BPS 純資産÷発行済み株式数 11
株価 前日終値 69
予想配当金額 決算短信 0
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 0.000
時価総額 株価×発行済み株式数 22,213

 

純資産が3,384、総資産が4,371、自己資本比率は77.4%という高い自己資本比率。

時価総額は222億円。まだそこまで大きい会社ではない。

上記パラメタを入力して算出した結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 11.32%
ROA 総資本利益率 8.76%
PER 株価収益率 58.00
PBR 株価純資産倍率 6.56
ROIC 投下資本利益率 7.58%
WACC 加重平均資本コスト 0.44%
EBITDA 減価償却前営業利益 482
FCF Free cash Flow 295
予想利回り 0.00%
配当性向 0.00%

 

ROE,ROAはなかなかいいスコア。

PBRはそこまで割高ではないが、PERはとてつもない割高。市場の期待値は意外と高いようだが、この割高感だと私は買わないかなと思う。

ROIC>WACC,ROICも割といい。大きな設備投資のいらない、新興SIにしては少し物足りなさもないではないが。

EBITDA,FCF,資金余力は3億円程度。

配当はなし。新興企業だから仕方ない。東海旅客鉄道http://tamojun51.com/archives/1155という会社は新興企業でもないのに、配当性向8%。こういう資本集約型の規制ビジネスと比べればまだマシ。

 

現状の進捗を加味した業績予測による各指標

上は飽くまで当初予測から導き出した指標。これを現状の進捗による営業利益165と純利益249、この2つのパラメタだけ変更して算出しなおすと以下の通り。

各指標
ROE 自己資本利益率 7.37%
ROA 総資本利益率 5.70%
PER 株価収益率 89.09
PBR 株価純資産倍率 6.56
ROIC 投下資本利益率 2.76%
WACC 加重平均資本コスト 0.44%
EBITDA 減価償却前営業利益 194
FCF Free cash Flow 295
予想利回り 0.00%
配当性向 0.00%

 

当然ROE,ROAは痛む。途端に物足りない数字になってしまう。

PERが更に割高に。90倍台が目前である。

ROICが3%を切る。かなり寂しいスコア。

EBITDA,FCFもかなり悪くなる。余剰資金は1億円程度と当初業績予想の1/3に。

なかなか厳しい本決算が待っていそうに思えます。何とか頑張って欲しいとは思いますが。

フィンテックとかブロックチェーンとか、技術的な事はよく分かりませんが、将来有望なんでしょうね。

ただ当社がそこで勝っていけるのかと考えると、私はよくはわからない。

PERなんか見ると、かなり期待値が先行していますので、いつかはブレイクする日が来るのでしょうかね。

それとはなしに、注目していきたいとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です