【スタートトゥディ】2017.6(1Q決算)

絶好調の衣料品ネット通販。

昨日、株主宛てに猫のバスタオルが届きました。バスタオル買い替えを検討していたので、タイミングが良かったです。

主な収益源は出店ブランドからの受託販売手数料。

出店ブランドは順調に増え続けている。

クーポン販促や後払い決済などのサービスも拡充。

既存会員は若い女性など。購入意欲はなおも旺盛。

以下当社の決算情報、定性情報は当社決算資料より。単位は特筆なき場合、全て百万円とする。

 

経営成績

経営成績 売上 営業利益 営業CF
当決算① 21,451 7,981
前決算② 15,386 5,011
業績予想③ 100,000 32,000
YoY 6,065 2,970 0
成長率 39.4% 59.3% #DIV/0!
③-① 78,549 24,019
進捗率 21.5% 24.9%

 

対前四半期大増収(+6,065、+39.4%)大増益(+2,970、+59.3%)

特に営業利益の伸びがとてつもない。営業利益率も32.6%から37.2%へと4.6%も改善されている。

すごい利益率。

対計画進捗率は売上が21.5%とややショート。しかし営業利益は24.9%とほぼ達成。

夏場(第二四半期)にはもっと跳ねそうな予感がします。楽しみですね。

 

各指標

項目 情報ソース パラメタ
営業利益 会社業績予想 32,000
有利子負債 当決算期末残高 0
純資産 当決算期末残高 30,489
当期純利益 会社業績予想 22,200
総資産 当決算期末残高 53,745
発行済み株式数 当決算期末残高 311.644
支払利息 会社業績予想 0
減価償却費 会社業績予想 788
EPS 当期純利益÷発行済み株式数 71
BPS 純資産÷発行済み株式数 98
株価 前日終値 3,395
予想配当金額 決算短信 29
予想配当総額 1株当り配当×発行済み株式数 9,037.684
時価総額 株価×発行済み株式数 1,058,032

 

上記のパラメタを入力して、各指標を算出する。

有利子負債が0で無借金経営。財務の安定感も抜群。

総資産が53,745、純資産が30,489で自己資本比率が56.7%

当社のような財務的に安定している企業でいささか自己資本比率が低くく見えがちではあるが、大きい負債は出店ショップからの受託販売預り金や未払法人税等。

それだけ貸借対照表に無駄がなく軽いという事なので、問題はない。

時価総額は1兆円越えを果たしている。ファーストリテイリングのジャイアントキリングも視野に入ってきたか?

以下各指標算出結果。

各指標
ROE 自己資本利益率 72.81%
ROA 総資本利益率 41.31%
PER 株価収益率 47.66
PBR 株価純資産倍率 34.70
ROIC 投下資本利益率 67.55%
WACC 加重平均資本コスト 29.64%
EBITDA 減価償却前営業利益 32,788
FCF Free cash Flow 19,374
予想利回り 0.85%
配当性向 40.71%

 

私の知る範囲だと、ここまでROE,ROAが高い企業はそうない。というかROE70%超えって計算間違いかと思ったくらい。しかし事実。それほどまでに資本効率がいい。

下手な会社に投資するくらいなら、スタートトゥディに投資すれば、順調に資産を増やしてくれるでしょう。

それだけにPERとPBRも御高め。いかんせんここまで知名度が上がってきたら当然ですかな。

ROIC>WACC,ROICも脅威の67.55%、こんなに高いROICは初めて見ました。まだまだ株主資本を有効活用してくれそうです。こういう会社にどんどんカネ使ってもらった方が、世の為人の為です。

EBITDA,FCF,200億円程度の投資余力。この潤沢な資金をどう使って、今度はどんな新機軸を見せてくれるのか。期待大ですね。

利回りは1%未満ですが、配当性向は40%超え。素晴らしい。

比べるのもスタートトゥディに失礼ですが、東海旅客鉄道http://tamojun51.com/archives/1155という会社は配当性向たったの8%。。。

スタートトゥディのように裸一貫で実力のみでのし上がってきた企業と違い、東海旅客鉄道は、元々資本集約型で、既得権益に守られた規制ビジネス。

そんな実力とは関係ないところで高い料金で散々儲けておきながら、株主には還元を考えないという資本主義社会にあるまじき会社です。

こんな会社に投資するくらいならば、スタートトゥディに投資すべきというのは論を待たないでしょう。

 

まとめ

さあスタートトゥディ、一体どこまでいくのでしょうか。というのが思案のしどころ。

何でもPBを立ち上げるそうで。どういう路線のPBなんでしょうか。

若者向けなのか、わりとミドル向けなのか、シニア向けなのか。あるいは子供向けなのか。

高級路線なのか、低価格路線なのか。

他のブランドとどう差別化するのか。あるいはしないのか。

興味は尽きませんが、そんな凡人の予想など遥かに超えてきてくれるのだと思われます。

何より、ROE70%超え、ROIC65%超えはすごいですから。

日本人の眠っているカネをこういう企業に集中させて、優秀な経営者に世界中でガンガン稼いでもらってガンガン使ってもらうのが資本主義。みんなが幸せになる方法です。

誰にも足を引っ張られる事なく、ガンガン突き抜けて言って欲しいと切望します。

買い増したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です